• ホーム
  • 芸能
  • 松ケン、新『デスノ』イジる 藤原竜也の相棒役熱望も

松ケン、新『デスノ』イジる 藤原竜也の相棒役熱望も

 俳優の藤原竜也(34)、松山ケンイチ(31)が20日、都内で行われた映画『デスノート Light up the NEW world』(29日公開)イッキ見上映イベント後にサプライズ登場した。前作に引き続き“月とL”としては、10年ぶりとなる2ショット実現に劇場は大きく沸いた。

 藤原演じるキラこと夜神月と、松山演じるLが対決してから10年後を舞台に、6冊のデスノートをめぐって大混乱に陥る世界を描いた今作。世界中のネット回線がジャックされ、キラによるメッセージが発信され、再びデスノートによる連続殺人がぼっ発する。

 冒頭から「え、新作出るんですか? 全然聞いてないですね」とトボけて、場を和ませた松山。藤原は、同作のプロデューサーから新作の知らせを聞いた当初、「東出(昌大)くん、池松(壮亮)くん、菅田(将暉)くんたちが出るって聞いて。6冊もデスノートってあったっけな? って」と“新設定”に驚いたようで、松山も「それは僕もびっくりした。どんだけ増えるんだって(笑)これの続編が出たら32冊くらいになる可能性はある」とイジって、笑わせた。

 また、共演時のエピーソードトークとなり、松山は「月っていう存在がものすごかった。当時、僕は新人で竜也さんは百戦錬磨。その状況の中で僕が(藤原と)対峙できるのかと不安やプレッシャーがあった」と当時の胸中を告白。「(藤原の)宝石のような狂気じみた演技は、いまでも忘れられないし、あれを超える演技を僕はまだ見たことがない。今でも竜也さんに追いつきたいし、追いついてから思いっきり対峙したいという目標だった。今でも越えたいという思い、目標にしてる思いが残ってる」と、藤原への羨望と対抗心を熱く語った。

 続けて、今後の再共演について話題が移ると松山は「2人組の相棒で、共闘して世界に立ち向かっていく役を(藤原と)今でもやりたい。同じ立ち位置に立って、改めてプレッシャーを感じたい」と意欲をみせていた。

 この日のイベントでは、2006年に公開され大ヒットした映画『DEATH NOTE』と、続編『DEATH NOTE the Last name』を一挙上映。藤原は「僕らの俳優生活のなかで『DEATH NOTE』という作品は非常に大きくて、これがあったから今の自分があると言ってもいい。それくらい大きな作品」と感慨深げに語り「それが時を経て、また公開される。皆さんの目に焼き付けてもらって、次の作品も愛情を持って劇場に来ていただけたら」と新作をPRした。

YouTube公式チャンネル「オリコン芸能ニュース」



関連写真

  • 新『デスノ』の印象を語り合った(左から)藤原竜也、松山ケンイチ (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)藤原竜也、松山ケンイチ (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス