• ホーム
  • 芸能
  • 平幹二朗さん出演ドラマ『カインとアベル』、今後の展開や代役は「調整中」

平幹二朗さん出演ドラマ『カインとアベル』、今後の展開や代役は「調整中」

 俳優の平幹二朗さんの訃報を受け、平さんが出演中だったフジテレビ系“月9”ドラマ『カインとアベル』について、同局は「今後のストーリー展開や代役を立てるかなどを含めて、現在調整中」とコメントした。

 平さんはきょう24日放送の第2話には登場予定で、第3話は当初から出番がない予定だった。第4話以降は現在撮影中で、平さんが演じる高田宗一郎が今後も登場するのか、登場する場合は代役を立てるか、など現状では未定となっている。

 平さん演じる高田宗一郎は、主人公・高田優(山田涼介)とその兄・隆一(桐谷健太)の祖父で、2人が働く高田総合地所の創設者かつ会長。現在は隠居生活を送っているが、会社の状況や2人の孫、そして会社を託した社長で息子の貴行(高嶋政伸)の変化を敏感に感じ取る、という役どころ。

 同ドラマは山田にとって初の“月9”主演作。旧約聖書「創世記」第4章に登場する兄弟の名前をタイトルとして、山田演じる主人公・高田優が、家族や仕事、恋する人とのせめぎ合いや葛藤を通じて“本当に大切なもの”をつかもうとするヒューマンラブストーリー。



オリコントピックス