• ホーム
  • 芸能
  • 三吉彩花、10代最後にインドで人生を考える「どういうふうに生きていこうか」

三吉彩花、10代最後にインドで人生を考える「どういうふうに生きていこうか」

 女優でモデルの三吉彩花(20)が23日、都内で1st写真集『わたし』(文藝春秋)の発売記念イベントを行った。6月18日に20歳の誕生日を迎えた三吉は「これからもお芝居やモデル業、それ以外でも幅広くやりたいことはたくさんある。自分でも意見を言いながら皆さんと楽しく仕事をしたい。今は映像のお仕事が一番やりたいですね」と抱負を語った。

【写真】その他の写真を見る


 写真集では、三吉が希望したロケ地、インドで過ごした10代最後の1週間を記録。念願のインド撮影がかない「すごく好きでしたね。景色とかもきれいで、一番大事な1週間をインドで過ごせてよかった」と満足げ。

 ガンジス河をバックに撮影したお気に入りのカットを紹介すると「写真とか映像でしか見たことなくて、実際に大きさを見て、もうすぐ20歳になるんだなとか、家族や友人、仕事など、これからどういうふうに人生を生きていこうかなと、落ち着きながら考えていました」と振り返った。

 撮影を終えた帰国途中、シンガポールの空港で20歳の瞬間を迎えたといい「スタッフの皆さんとビールで乾杯しました。初めて飲んだんですけど、苦かったですね。まだちょっと『お疲れ様』の最初のビールがおいしいというところまではたどり着いていません」と笑顔で話していた。



関連写真

  • インドで撮影した写真集の発売イベントを開催した三吉彩花 (C)ORICON NewS inc.
  • ガンジス河をバックに撮影したお気に入りのカット (C)ORICON NewS inc.
  • 1st写真集『わたし』(文藝春秋)の発売記念イベントを行った三吉彩花 (C)ORICON NewS inc.
  • 1st写真集『わたし』(文藝春秋)の発売記念イベントを行った三吉彩花 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス