• ホーム
  • 芸能
  • ハリセンボン春菜、尿管結石に…相方・はるかと『カラダWEEK』マネージャー就任

ハリセンボン春菜、尿管結石に…相方・はるかと『カラダWEEK』マネージャー就任

 お笑いコンビ・ハリセンボン近藤春菜箕輪はるかが、11月7日から13日まで日本テレビ系の40番組以上が参加するキャンペーン『カラダWEEK』のマネージャーに就任した。去年に引き続き第二弾となる今回は“自分のカラダ、みなおそう。”をテーマに、健康・美容・食生活・エクササイズ・医療など様々な切り口から“カラダ”をテーマにした内容を放送。前回同様、キャプテンはくりぃむしちゅー上田晋也、2人と同じマネージャーには“腹筋女子”として注目を集めるモデルでタレントの中村アンが起用された。

 キャンペーン中、4人はカラダを見直すべく様々な企画に参加。去年は「1週間で7万歩」を達成した上田は、スポーツ庁長官・鈴木大地氏が毎日オフィスで400段前後の階段を上るというエピソードにちなみ、1週間で『階段3000段上り』に挑戦。中村はキャンペーン3日目となる11月9日の特番『ダイエット・ヴィレッジ』(後7:00)で、1か月で合計100キロのダイエットに挑む8人のおデブちゃんたちと共に“アン流ダイエット”プログラムを実行する。

 そしてハリセンボンは、中村のような“腹筋女子”を目指す…が、近藤はどう考えても間に合わないため、挑戦するのは箕輪だけ。忙しい合間を縫って過酷なトレーニングを行い、11月12日の『Going! Sports&News』で生披露する。実は学生時代にはバトミントン部で都大会出場経験もある箕輪は「リオ五輪バドミントン日本代表の松友美佐紀選手の腕の筋肉に憧れます。ああいうカラダが欲しいです」とうらやましげ。

 一方、上田から「今年は、見るからに、自分のカラダを見直したほうがいいメンバーも加わり、お届けします」とさりげなく釘を刺された近藤は「先日、尿管結石になりまして…見た目で『おじさんじゃねぇよ!』と言っているのに、カラダの中もなってしまいました」と苦笑しながらも反省。「カラダの状態を最新の機械で見てもらったのですが、ものすごい結果が出てしまいました!ぜひオンエアを見てください…はるかよりは健康と思っていたのに…(笑)。現実逃避していたので、このカラダWEEKを通じて、受け入れます」と背筋を正した。



オリコントピックス