• ホーム
  • 芸能
  • 『永い言い訳』鉄人・衣笠祥雄の応援メッセージ公開 “鯉党”西川美和監督が感涙

『永い言い訳』鉄人・衣笠祥雄の応援メッセージ公開 “鯉党”西川美和監督が感涙

 俳優の本木雅弘が主演する映画『永い言い訳』(公開中)。自身の小説を映画化した西川美和監督は、主人公にプロ野球・広島で“鉄人”と呼ばれた衣笠祥雄氏と同じ読みの衣笠幸夫と名付けるほど熱狂的なカープファン。映画の公開を記念して、衣笠氏本人から西川監督へ向けたメッセージ映像が公開された。

 人気作家の津村啓こと衣笠幸夫(本木)は、妻・夏子(深津絵里)が旅先で不慮の事故に遭い、親友とともに亡くなったと知らせを受ける。まさにその時、不倫相手と密会していた幸夫は、世間に対して悲劇の主人公を装うことしかできない。

 そんなある日、妻の親友の遺族――トラック運転手の夫・陽一(竹原ピストル)とその子どもたちに出会った幸夫は、ふとした思いつきから幼い彼らの世話を買って出る。子供を持たない幸夫は、誰かのために生きる幸せを初めて知り、むなしかった毎日が輝きだすのだが…。

 メッセージ映像は、公開記念の関係者打ち上げで西川監督へのサプライズとして披露された。主人公との同姓同名について、衣笠氏は「飛び上がりそうになった。なんかの時に言われるよね。確かに嫌だよね。はじめて気がついた」と冗談交じりでコメント。

 「1人でも多くの人に観ていただいて、自分の内面を振り返ってもらえたらと思います」という温かいエールを受けて、広島出身の西川監督は「自分の映画の打ち上げで泣いたのは初めてです」と感極まり思わず涙を流した。

YouTube公式チャンネル「オリコン芸能ニュース」



オリコントピックス