• ホーム
  • 芸能
  • “元祖カープ女子”秋野暢子、引退黒田に「別の形でユニフォーム着て欲しい」

“元祖カープ女子”秋野暢子、引退黒田に「別の形でユニフォーム着て欲しい」

 女優の秋野暢子が20日、都内で行われた『ケロッグ 玄米グラノラ 50代からはじめる食育教室』イベントに出席した。“元祖カープ女子”として知られる秋野、イベント後の取材で22日から始まる日本シリーズについて尋ねられると、「楽しみです。(日ハムには)大谷翔平君がいますけど、攻略してぜひ全勝で優勝を決めるくらいの意気込みで頑張ってもらいたいですね!」とハツラツと選手たちにエール。先日、今季限りでの引退を表明した黒田博樹投手には、「本当におつかれさまでしたという気持ち。残念ですけど、いずれまた違う形でカープのユニフォームを着てくれたら嬉しいなと思っています」と語り、引退後の黒田選手の動向に期待を寄せた。

【写真】その他の写真を見る


 “カープ女子”が話題を集めるなど、近年のカープ熱の高まりについては、「昔はヤジを飛ばしているおじさんが球場には多かったけど、最近は若い女性や家族連れも多くてファンの質が変わりましたよね。すごく良いことだと思います」とニッコリ。長らく球団を見届けてきた者として、「今選手はすごくいいムード。セ・リーグ制覇できたのは投打共に素晴らしいからなんです。若い選手たちも育っていますから、昔のような黄金時代が戻ってくると思います」と分析し、「これから4、5年はカープが優勝させてもらいますので!」と早くも来季に向けて意気込んでいた。

 この日のイベントは、毎年10月20日の“世界骨粗鬆症デー”にちなんで開催されたもの。トータルアンチエイジング治療を行う、Rサイエンスクリニック広尾の日比野佐和子院長が登場し、秋野と招待された50〜60代一般女性たちに、日本人が慢性的なカルシウム不足であることや歳を重ねるごとに増す骨の大切さ、また、健康のためにバランスの取れた朝食を食べることの重要性などについて講義を実施。自身も愛食しているという『玄米グラノラ』を使用した、オリジナルレシピなども紹介した。

 毎日3食しっかり食べ、10キロのジョギングを行うなど、美容や健康に抜かりない秋野。来年還暦を迎える身だが、骨年齢測定を行うと結果は実年齢をはるかに下回る38歳で、会場からは「おぉー!」と驚きの声が。秋野が健康や美容に対してストイックなのは、「最後を迎える時まで病気をしないで健康に生きていきたい」から。集まった同世代の女性たちに、「これから高齢化社会になっていって、それって大事なテーマになっていくと思うんです。カルシウムを摂ったり、朝食をしっかり食べたりして、みなさんぜひ一緒に健康に過ごしていきましょう」と熱いメッセージを送っていた。



関連写真

  • 『ケロッグ 玄米グラノラ 50代からはじめる食育教室』イベントに出席した秋野暢子 (C)oricon ME inc.
  • “骨密度測定”の結果は36歳!
  • Rサイエンスクリニック広尾の日比野佐和子院長がお披露目した“カルシウム朝食” (C)oricon ME inc.
  • 『ケロッグ 玄米グラノラ 50代からはじめる食育教室』イベントに出席した(左から)Rサイエンスクリニック広尾の日比野佐和子院長、秋野暢子 (C)oricon ME inc.
  • 『ケロッグ 玄米グラノラ 50代からはじめる食育教室』イベントに出席した(左から)Rサイエンスクリニック広尾の日比野佐和子院長、秋野暢子、日本ケロッグ五味田里美氏 (C)oricon ME inc.
  • 『ケロッグ 玄米グラノラ 50代からはじめる食育教室』イベントに出席した(左から)Rサイエンスクリニック広尾の日比野佐和子院長、秋野暢子 (C)oricon ME inc.
  • 『ケロッグ 玄米グラノラ 50代からはじめる食育教室』イベントの模様 (C)oricon ME inc.

オリコントピックス