• ホーム
  • 芸能
  • 斎藤工、監督業ではオーラ封印 名義も変更で「裏方に徹しようと…」

斎藤工、監督業ではオーラ封印 名義も変更で「裏方に徹しようと…」

 俳優の斎藤工(35)が17日、都内で行われた『芦田多恵デビュー25周年アニバーサリーコレクション』に出席。この日は、ファッションデザイナーの芦田多恵氏(52)のドキュメンタリーショートフィルム『Embellir(アンベリール)』のメガホンを取った映画監督「齊藤工」名義で、トークショーを行った。

【写真】その他の写真を見る


 きょう17日よりYouTube上にアップされている同フィルムは、デビュー25周年を迎えたことを記念して、芦田氏のものづくりを半年にわたって密着。作品の対象について話題がおよぶと、齊藤監督は「普段観ない部分にカメラを向けさせていただいて、今就活をしている方々に『こういうカッコいい職業があるんだ』という風に思っていただけたら」と呼びかけた。

 トークショー後に行われた囲み取材では、「とにかく裏方に徹しようと思っていたので、きょうもこうして(取材用の)ライトを浴びているのも変な感じですね」と監督としての心得を披露。監督業への本格的な転身については「もともとは監督志望ではないんですけど、自分の職業、その立場からしか見えないものがあるので…」と笑顔で語っていた。

 イベントにはそのほか、首相夫人の安倍昭恵氏、藤原紀香水野真紀真琴つばさ田中麗奈らも出席した。



関連写真

  • 斎藤工 (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)齊藤工監督、芦田多恵(C)ORICON NewS inc.
  • 安倍昭恵夫人 (C)ORICON NewS inc.
  • 真琴つばさ (C)ORICON NewS inc.
  • 水野真紀 (C)ORICON NewS inc.
  • 藤原紀香 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス