• ホーム
  • 芸能
  • 元キマグレンのクレイ勇輝、実は借金2億円のしくじり社長だった

元キマグレンのクレイ勇輝、実は借金2億円のしくじり社長だった

 『NHK紅白歌合戦』に出場経験もある元キマグレンのクレイ勇輝が、10月31日放送のテレビ朝日系『しくじり先生 俺みたいになるな!!』3時間スペシャル(後7:00〜9:48)に出演。“借金2億円のしくじり社長”だった過去を告白する。

 クレイは2005年に地元の友人と“キマグレン”を結成。08年「LIFE」が大ヒットし、同年の紅白に初出場。昨年、活動10年でユニットは解散した。

 実は、アーティスト活動を開始する以前から、会社を経営する“社長”だったクレイ。その会社では、逗子海岸でアーティストのライブを楽しめる海の家『音霊』を運営しており、ライブができる海の家というコンセプトは画期的で、10年夏には4億円の売り上げを記録するほど大盛況となる。

 一躍、“逗子の顔”となったクレイだったが、海の家はさまざまな問題が巻き起こり、近隣住民からひんしゅくを買って居場所を失い、逗子から撤退。挙句、借金2億円を背負うことになってしまったという。

 クレイはそんな事態を招いた背景には、自身のしくじった性格があると分析。どんな状況でも常に「大丈夫でしょ!」とポジティブ思考で突っ走ってしまうポジティブなバカ=ポジバカを猛省する。授業では、クレイのポジバカ社長ぶりがもたらした悲劇を紹介。さらに、ポジティブ思考がもてはやされているいまの世の中に、自身のしくじりから得た教訓メッセージを贈る。



関連写真

  • 元キマグレンのクレイ勇輝が借金2億円の過去を告白(C)テレビ朝日
  • 授業風景(C)テレビ朝日

オリコントピックス