• ホーム
  • 芸能
  • 上西恵、門脇佳奈子の演技を絶賛「見習うところがいっぱいあった」

上西恵、門脇佳奈子の演技を絶賛「見習うところがいっぱいあった」

 元NMB48でタレントの門脇佳奈子、NMB48の上西恵が14日、京都市内で開催中の『京都国際映画祭2016』の上映作品『愛MY〜タカラモノと話せるようになった女の子の話〜』舞台あいさつに登壇。同作で映画初主演を務めた門脇の演技について、上西は「完璧にこなしていて、さすがやなと思いました。見習うところがいっぱいありましたね」と絶賛した。

【写真】その他の写真を見る


 同作の主人公・マイ(門脇)は、ある日突然、シュシュ、シャープペンシルなどの“モノ”と会話ができるようになった高校2年生の女の子。不思議な能力を手に入れたマイが、さまざまなトラブルを引き起こしながらも、親友のユウコ(上西)やクラスメイトたちと本音をぶつけ合うことで成長していく。

 モノと会話をするという特殊な設定に、門脇は「演技がほぼ初めてなのに、モノと話す役ってヤバいなと思いました」と本音をポツリ。「けっこうクレイジーな現場やったと思いますけど、この作品を観ると私とか恵ちゃんの普段見られない表情が見られると思うので、より一層私たちのことを好きになってもらえたら…」と呼びかけていた。

 舞台あいさつにはそのほか、古東風太郎監督も登壇した。



関連写真

  • 門脇佳奈子の演技を絶賛した上西恵(右) (C)ORICON NewS inc.
  • 『京都国際映画祭2016』の上映作品『愛MY〜タカラモノと話せるようになった女の子の話〜』舞台あいさつの模様 (C)ORICON NewS inc.
  • 『京都国際映画祭2016』の上映作品『愛MY〜タカラモノと話せるようになった女の子の話〜』舞台あいさつに登壇した門脇佳奈子 (C)ORICON NewS inc.
  • 『京都国際映画祭2016』の上映作品『愛MY〜タカラモノと話せるようになった女の子の話〜』舞台あいさつに登壇した上西恵 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス