• ホーム
  • 芸能
  • 大橋未歩アナ、森達也ファンで京都まで追っかけ 写真撮影も参加せず「社外業務なので」

大橋未歩アナ、森達也ファンで京都まで追っかけ 写真撮影も参加せず「社外業務なので」

 テレビ東京の大橋未歩アナウンサーが14日、京都市内で開催中の『京都国際映画祭2016』の上映作品『FAKE』トークイベントに登場。同作の監督を務めた森達也氏の大ファンだという大橋アナは、京都まで“追っかけ”をする形でMCとして同イベントに参加した。

【写真】その他の写真を見る


 『A』『A2』以来15年ぶりに森監督がメガホンを取った同作は、佐村河内守氏の自宅でカメラを回し、その素顔に取材の申し込みにやって来るメディア関係者たち、騒動の真偽を取材する外国人ジャーナリストたちの様子などを通して、世間を騒がせた「ゴーストライター騒動」がメディアによって単純に二極化されていることに警鐘を鳴らす。

 テレ東にも了解を取った上で、あくまで“ファン”として自ら志願してイベントに参加したという大橋アナ。写真撮影の際には、森監督や奥山和由氏から「大橋さんも…」と誘われるも「これは、社外業務なので。裏でこっそりやらないといけないので」と冗談混じりに返しながら参加せず、最後まで裏方として“盛り上げ役”に徹していた。



関連写真

  • 森達也氏の大ファンという大橋未歩アナウンサー (C)ORICON NewS inc.
  • 『FAKE』を監督した森達也氏=『京都国際映画祭2016』上映作品『FAKE』トークイベント (C)ORICON NewS inc. (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)森達也氏、奥山和由プロデューサー=『京都国際映画祭2016』上映作品『FAKE』トークイベント (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス