• ホーム
  • 芸能
  • 織田裕二“IQ246”役作りに困惑 天才小学生を参考「みえたな」

織田裕二“IQ246”役作りに困惑 天才小学生を参考「みえたな」

 俳優の織田裕二が14日、都内で行われたTBS系連続ドラマ『IQ246 華麗なる事件簿』(毎週日曜 後9:00)特別披露試写会後、舞台あいさつに出席した。同ドラマはやんごとなき貴族の末裔・法門寺沙羅駆(織田)が代々嫡子のみに受け継がれるIQ246の異能を武器に難事件を解決していく物語。実在しない一風変わった役柄なだけにオファーを受けた際には「真面目に考えれば考えるほど胃が痛くなって。こりゃまいったなって」と戸惑ったことを振り返った。

【写真】その他の写真を見る


 役作りのため、「優秀な子だけを集めた特殊な小学校に行きまして。IQ170以上は当たり前みたいな。そのお子さんたちと話したり知恵比べのようなIQテストをしているうちに『なんか、見えたな』って」と手応えを実感。「IQはコンピューターのスペックのようなものでそこにどんなデータを入れるのか、どんな人生経験をするのか。回転がいいだけでは役に立たない。そういうことか」と納得したことを明かした。

 沙羅駆の忠実な肉体派の執事・賢正を演じるディーン・フジオカと沙羅駆の護衛を任される新人刑事・和藤奏子を演じる土屋太鳳も登壇。先日、放送された『オールスター感謝祭』で番宣のため赤坂5丁目ミニマラソンで見事5位となった土屋は「織田さんには映像を通してパワーをいただいていたし、こんなに素敵なドラマはないと思ったので気合を入れて走りました。折り返し時点で織田さんたちと目を合わせたおかげで安心して全力で走ることができた」と微笑んだ。

 またイベントでは2話以降のゲスト出演者として佐藤隆太、観月ありさ(3話)、国仲涼子(4話)が発表。観月演じるカリスマ主婦モデル同級生という設定で、今回初共演となるディーンは「織田さんも観月さんもキャリアの長い方。(自分は)日本では新人なので脈々と流れる歴史を教えていただきました」と刺激を受けた様子で明かした。



関連写真

  • 役作りに困惑したことを明かした織田裕二 (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)ディーン・フジオカ、織田裕二、土屋太鳳 (C)ORICON NewS inc.
  • ドラマ『IQ246 華麗なる事件簿』の舞台あいさつに出席した(左から)ディーン・フジオカ、織田裕二、土屋太鳳 (C)ORICON NewS inc.
  • ドラマ『IQ246 華麗なる事件簿』の舞台あいさつに出席したディーン・フジオカ (C)ORICON NewS inc.
  • ドラマ『IQ246 華麗なる事件簿』の舞台あいさつに出席した土屋太鳳 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス