• ホーム
  • 芸能
  • 『京都国際映画祭』が開幕 世界遺産・二条城でオープニングセレモニー

『京都国際映画祭』が開幕 世界遺産・二条城でオープニングセレモニー

 吉本興業グループが企画推進する『京都国際映画祭2016』が13日、開幕した。世界遺産の元離宮二条城で、華々しく行われたオープニングセレモニーには、アンバサダーを務める名取裕子、スペシャルゲストの長塚京三内田裕也ら豪華な顔ぶれが並んだ。

【写真】その他の写真を見る


 同映画祭は、1997年から開催されてきた京都映画祭の伝統と志を引き継ぎ、2014年に誕生。「映画もアートもその他もぜんぶ」をテーマに、映画以外にもアート、パフォーマンス、工芸などさまざまな分野を対象に展開する。今年のキャッチコピーは「京都上ル上ル(あがるあがる)」となっている。

 セレモニーでは、日本映画の発展に寄与した映画人を表彰する「牧野省三賞」の授賞式も行われ、篠田正浩監督(85)が受賞。「現役を引退して、最近は執筆業を行っていますが、ひと時も映画のことを忘れたことはありません」と熱い思いを口にしながら「この映画賞が生涯最後だと思います。本当にありがとうございました」と喜びをかみしめていた。

 そのほか、名誉実行委員長の中島貞夫氏、実行委員長の中村伊知哉氏、総合プロデューサーの奥山和由氏、アート部門のプランナー・おかけんたらが出席。きょう13日から16日まで、よしもと祇園花月ほか京都市内各所にて開催される。



関連写真

  • 『京都国際映画祭2016』で「牧野省三賞」を受賞した篠田正浩監督(右から2番目)と、祝福に駆けつけた長塚京三(右端) (C)ORICON NewS inc.
  • 『京都国際映画祭2016』オープニングセレモニーに出席した(左から)名取裕子、木村祐一 (C)ORICON NewS inc.
  • 『京都国際映画祭2016』オープニングセレモニーで「牧野省三賞」を受賞した篠田正浩監督(右)と津川雅彦(左) (C)ORICON NewS inc.
  • 二条城で開催された『京都国際映画祭2016』オープニングセレモニー (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス