• ホーム
  • 社会
  • 目に良い“アイケアランチ”に行列も 虎ノ門ヒルズで目の愛護イベント開催

目に良い“アイケアランチ”に行列も 虎ノ門ヒルズで目の愛護イベント開催

 10月10日の「目の愛護デー」と10月第2木曜日(今年は10月13日)の「世界視力デー」(World Sight Day)にちなんで、『目の愛護デー、世界視力デー 〜「見える」を知る・守る〜』アイケアイベントが11日と12日に東京・虎ノ門ヒルズで開催された。イベント会場となった虎ノ門ヒルズカフェには特別メニューとして“アイケアランチ”が用意されたほか、目のエイジングセルフチェック、目の疾患ドライブ体験、目の疾患アプリ体験ができ、仕事合間の会社員などでにぎわいを見せていた。

【写真】その他の写真を見る


 オフィスビルが立ち並ぶ虎ノ門で行われた同イベント。日ごろから多くの会社員がランチに訪れる虎ノ門ヒルズカフェには、目に良いとされる食材を使用したこの日のために開発された特別メニュー“アイケアランチ”が用意された。ミシュラン一つ星レストラン・Chi-Fuの東浩司シェフがフード監修する虎ノ門ヒルズカフェと、アイケアカンパニーのアルコンが共同開発した同メニューは、アボガドと蒸し鶏のさっぱりサラダ、かぼちゃとナスのグラタン、MIXビーンズとクコの実のトマトカレー、さんまの竜田揚げ、アイブライトティーなど。見た目も色鮮やかで華やかな“目の健康料理”がならび、昼どきには行列もできた。

 そこからサラダ、副菜、メインと好きなメニューをチョイスしていくと、トレーには目の健康に良いと言われる栄養素(ルテイン、アントシアニン、ビタミンA・C・E)を含む食材とその効能を記したチラシが置かれ、注文したメニューがどう目に良いのかを確認しながら料理を楽しむことができる。女性客が多いカフェだが、日ごろから目の疲れを感じているのか、目に良い栄養素をたっぷりと摂取できるレシピに興味をもつ人も多かったようだ。また、日本初という目のために特化したハーブティー“アイブライトティー”は男女問わず誰もが試しており、アイケアへの関心の高さが感じ取れた。

 さらに、目の不調や病気のセルフチェックができる「目のかんたんセルフチェック」シートが各テーブルに置かれ、食事を終えてひと息つきながら、簡単に目の健康状態を確認できるようになっていた。シートに記された項目の当てはまる数によって、瞳の老化進行状態やコンタクトやメガネの換え時のほか、目の見え方にゆがみがないか、老眼の症状がないかなどがその場でわかる。30代や40代でも老眼の症状が現れる人もいるというが、セルフチェックの結果をスタッフに質問をする男性の姿も見られた。

 そのほか、目の見えにくい人が車を運転する際に周囲がどのように見えるのか体験できるドライブシミュレーターでは、視覚障害ゴーグルを装着して東京・日本橋エリアを疑似運転でき、その評価が得点で表示される。モニターが3台ならび、ハンドル、アクセル、ブレーキもある本格的なシミュレーターに、つい試したくなってしまう男性も多いようだ。また、スマートフォンアプリやVR(バーチャルリアリティ)ビューワーを通して目の疾患を疑似体験できるコーナーでは、さまざまな疾患の症状や実際の見え方がわかるため、日ごろ目は健康だと思っている人ほど気になるよう。

 疑似体験とともに、意外に知られていない目の疾患にはどのようなものがあるのかを知ることができる同イベント。会場は多くの人でにぎわっていたが、虎ノ門ヒルズカフェでランチをとりながら気軽に目の健康について知ることができるのが、訪れた会社員たちの間では好評のようだった。

 10.10を横にすると人の顔の目と眉に見えることから10月10日は「目の愛護デー」とされ、日本各地で目の健康に関するさまざまな活動が行われている。また、毎年10月の第2木曜日に設定されている「世界視力デー」には、世界各地で失明や視覚障害に対する意識向上と啓発を目的にしたイベントが多く開催される。この日のアイケアイベントは、ビジョンケア製品などを提供するアルコンが「目の健康についてみんなで一緒に考えてみる」ことをテーマに実施している。



関連写真

  • 目に良いとされる食材を使用した特別メニューが用意された
  • アボガドと蒸し鶏のさっぱりサラダ、MIXビーンズとクコの実のトマトカレー、紫芋と豚肉の黒酢あん、アイブライトティー
  • 虎ノ門ヒルズカフェ
  • 目の見えにくい人が車を運転する際に周囲がどのように見えるのか体験できるドライブシミュレーター
  • スマートフォンアプリやVR(バーチャルリアリティ)ビューワーを通して目の疾患を疑似体験できるコーナー

オリコントピックス