• ホーム
  • 音楽
  • 【オリコン】宇多田ヒカル、2週連続アルバム首位 新作が好調をキープ

【オリコン】宇多田ヒカル、2週連続アルバム首位 新作が好調をキープ

 シンガー・ソングライター、宇多田ヒカルの6thオリジナルアルバム『Fantome』(9月28日発売)が、週間10.4万枚を売り上げ、10/17付オリコン週間アルバムランキングで先週付に続いて2週連続の1位を獲得した。

【写真】その他の写真を見る


 宇多田による、2週以上連続のアルバム1位獲得作品数は今作で通算5作目。『First Love』(1999年3月発売:2週連続を3度)、『DEEP RIVER』(2002年6月発売:2週連続)、『Utada Hikaru SINGLE COLLECTION VOL.1』(2004年3月発売:4週連続)、『ULTRA BLUE』(2006年6月発売:2週連続)に次ぐ達成となり、久々の新作でも変わらぬ存在感を発揮している。

 今週付で累積30万枚突破(累積35.6万枚)を果たした今作。映画『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』(2012年11月公開)のテーマソング「桜流し」、今年4月に配信限定で発表されたNHK朝の連続テレビ小説『とと姉ちゃん』の主題歌「花束を君に」と日本テレビ系報道番組『NEWS ZERO』のテーマ曲「真夏の通り雨」など全11曲を収録している。


■禁無断複写転載
※オリコンランキング(売上枚数のデータ等)の著作権その他の権利はオリコンに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、スマホ、SNS)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。


関連写真

  • 宇多田ヒカルの8年半ぶりとなる新アルバム『Fantome』が2週連続でオリコン週間1位
  • 活動再開後初のアルバムを発表した宇多田ヒカル

オリコントピックス