• ホーム
  • 音楽
  • 平山あや、20年ぶり人前で楽器演奏に緊張「助けてほしかった」

平山あや、20年ぶり人前で楽器演奏に緊張「助けてほしかった」

 女優の平山あや(32)が24日、ヤマハ銀座スタジオで行われたエレクトーンのライブイベント『Play On Passion』に出演。半年間エレクトーンを練習した成果を発表した平山は「人前で楽器を弾くのは小学生のときのピアノの発表会以来なので、20年くらい前。手が震えちゃって、助けてほしかったです」と緊張を明かしたが、「とにかく楽しもうって切り替えて、なんとか弾き終わりました」と笑顔で語った。

【写真】その他の写真を見る


 平山は5〜12歳頃までピアノを習い、もう一度楽器に触れたいという思いからエレクトーンに挑戦し、この日は「いつか王子様」など3曲を演奏。今後も続けたいといい、「東京ドームで2時間半エレクトーンの公演をやりたい。夢は大きく持った方がいい」と目を輝かせた。

 また、同じ事務所に所属する優香など結婚が続いていることに「私も早く“いつか王子様”がきてほしい」と曲名にかけて願い、「この曲を弾いたのも何かの縁。きょう弾けたから、いつか王子様が来るはずです」と話していた。



関連写真

  • エレクトーンのライブイベントに出演した平山あや (C)ORICON NewS inc.
  • 笑顔でエレクトーンを弾く平山あや (C)ORICON NewS inc.
  • エレクトーンを弾く平山あや (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス