アニメ『映画 聲の形』初登場2位と健闘

 『週刊少年マガジン』(講談社)に連載されていた大今良時氏の原作漫画をアニメ化した『映画 聲(こえ)の形』が17日公開され、土日2日間で動員20万人、興収2億8300万円と健闘し、全国映画動員ランキング(興行通信社調べ)で2位に初登場した。

【写真】その他の写真を見る


 『このマンガがすごい!2015』オトコ編第1位、第19回『手塚治虫文化賞』新生賞受賞するなど、簡単には拭い去れない過去、罪悪感と葛藤しながら、他人との距離をつかめず苦悶し続ける若者たちに正面から向き合った意欲作として高い評価を受けた。

 同映画では、主人公・将也の声を入野自由が演じているほか、早見沙織悠木碧小野賢章ら人気声優が共演し、将也の小学生時代を女優の松岡茉優が担当していることでも話題に。監督はテレビアニメ『けいおん!』で初監督を務め、『たまこラブストーリー』で文化庁メディア芸術祭アニメーション部門新人賞を受賞した京都アニメーション所属の山田尚子氏が努めた。制作も京都アニメーション。主題歌はaikoの新曲「恋をしたのは」。



関連写真

  • 京都アニメーション制作『映画 聲の形』映画動員ランキング初登場2位と健闘(C)大今良時・講談社/映画聲の形製作委員会
  • 京都アニメーション制作『映画 聲の形』(C)大今良時・講談社/映画聲の形製作委員会
  • 京都アニメーション制作『映画 聲の形』(C)大今良時・講談社/映画聲の形製作委員会

オリコントピックス