• ホーム
  • デジタル
  • 小林幸子、自前のピカチュウコスプレで登場 鳴きマネも披露「ピッカッー」

小林幸子、自前のピカチュウコスプレで登場 鳴きマネも披露「ピッカッー」

 演歌歌手の小林幸子が14日、都内で行われた『ポケモンカードゲーム20周年記念PRイベント』に登場。自前の衣装だという、ピカチュウのコスプレで姿を現すと「幸子ピカチュウです! ピッカッー」と“鳴きマネ”つきであいさつし、会場の笑いを誘った。

【写真】その他の写真を見る


 1998年に一世を風靡したポケモンカードゲームのテレビCM楽曲「とりかえっこプリーズ」を、謎のユニット「スズキサン」の一員として歌唱していた小林。この日は、そのほかのメンバーだった、イマクニ?とレイモンド・ジョンソンも登場すると、20周年のメモリアルに先がけて、同グループの再結成が発表された。

 さらに、10月16日からは東京・ニコファーレにて、同カードゲーム20周年カウントダウンイベントが開催されることもサプライズで発表。イベント来場者限定でプレゼントされる、オリジナルカード「メガサチコEX」がお披露目されると、小林は「メガサチコからテラサチコになれるように頑張ります!」と、さらなるレベルアップを誓った。

 カウントダウンイベントでは「スズキサン」によるライブも行われるそうで、イマクニ?は「20年前は子どもだった人たちが、大人になっているので、その人たちが子どもに戻れるようなライブをします」と意気込み。小林も「日本だけでなく、世界中で子どもから大人までみんなに愛されるポケモンを今後ともよろしくお願いします」と呼びかけていた。



関連写真

  • 自前のピカチュウコスプレで本家と共演した小林幸子
  • 謎のユニット「スズキサン」が再結成
  • ポケモンカードゲーム20周年記念PRイベント』の模様
  • ポケモンカードゲーム20周年記念PRイベント』の模様
  • ポケモンカードゲーム20周年記念PRイベント』の模様

オリコントピックス