• ホーム
  • 芸能
  • 田中みな実、帯番組初挑戦 MX昼の顔に「謝罪は少なく」と意気込み

田中みな実、帯番組初挑戦 MX昼の顔に「謝罪は少なく」と意気込み

 フリーアナウンサーの田中みな実が9日、東京・半蔵門の東京メトロポリタンテレビジョン(TOKYO MX)で自身がメインMCを務める新番組『ひるキュン!』(10月3日スタート、月〜金 正午〜後1:00)の発表会見に出席した。TBSの局アナ時代を含めて帯番組を初めて担当することになった田中アナは「MXは良くも悪くも自由度の高いテレビ局だと思うので、軌道に乗るまではなるべく謝罪は少なくしたい」とユーモアを交えつつ、「きちんとした番組ですので、安心してご覧いただければと思います」とアピールした。

【写真】その他の写真を見る


 田中アナとともに番組を進行する男性MCを曜日ごとに起用。月曜は井上裕介(NON STYLE)、火曜はサンプラザ中野くん、水曜は木本武宏(TKO)、木曜は俳優の蟹江一平、金曜はゴリ(ガレッジセール)が出演。田中アナは「これまで周りから個性引き出していただいてきた。個性豊かな男性MCたちと、どんな自分がこの番組通してお見せできるか楽しみ」と話した。

 番組は、新たな視聴者獲得のため、平日昼に在宅している主婦、シニア層に向けて役立つ情報を発信。都内に2000あると言われる商店街からの生中継をはじめ、東京に特化した情報に加え、視聴者参加のお悩み相談コーナーや、男性MCのキャラを生かした企画などを放送していく。

 芸能ニュースのコーナーもあり、田中アナ自身がニュースのネタになる可能性もあるが、「毎日の放送なので、避けて通るわけには行かないと思います」と覚悟をみせ、「局アナ時代に日曜朝の番組(『サンデー・ジャポン』)で鍛えられたから」と笑いを誘った

 担当の岩井徹央プロデューサーは田中アナについて「数多くの番組を経験してきた力量もさることながら、制作スタッフ、演出の思い真摯に受け止めて協力してくれるお人柄に期待している」とコメント。番組タイトルには「人びとの心をキュンとさせ、心を動かす情報を発信する」という思いが込められている。

 田中アナは「視聴率や裏環境はあまり考えずにやりたい。新鮮な気持ちで取り組めると思う」と意欲を見せていた。同番組は、「エムキャス」というアプリでリアルタイム配信されるため全国で試聴できる。



関連写真

  • TOKYO MXで帯番組に初挑戦する田中みな実アナウンサー (C)ORICON NewS inc.
  • TOKYO MXで帯番組に初挑戦する田中みな実アナウンサー (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス