• ホーム
  • 芸能
  • 広瀬すず主演映画、Twitter乗っ取りが発覚 公式サイトで謝罪

広瀬すず主演映画、Twitter乗っ取りが発覚 公式サイトで謝罪

 女優の広瀬すずと俳優の山崎賢人が主演する映画『四月は君の嘘』(10日公開)の公式ツイッターアカウントが乗っ取られ、公式サイトが2日、経緯を説明し謝罪した。

 説明によると、映画公式ツイッターアカウントが2日の朝に不明アカウントのツイートを誤拡散後、誤フォローしたため、急いで原因究明を行い、通常の状態を確認。しかし同日昼ごろにヘッダーやアイコン、さらに無関係なツイートなどが発生し、乗っ取りが発覚した。

 サイトでは「不適切な画像やツイートで皆様に不快な思いをさせていしまい、ご気分を害しましたことを深くお詫び申し上げます」と謝罪のコメントを掲載。「セキュリティと監視体制の甘さを深く反省し、今後一切このようなことがなきよう、映画公開に向けて、スタッフ一同邁進してまいります」と再発防止を誓った。

 同作のアカウントは、今年3月に開設され、フォロワーは12万4000人を越える(3日14時現在)。

 同作は、月刊『少年マガジン』(講談社)で連載された新川直司氏による同名コミックが原作。過去に秘密を持つ自由奔放なヴァイオリニストと、母の死を境にピアノが弾けなくなってしまった元天才ピアニスト。2人の音楽家が奏でる切ないラブストーリー。



オリコントピックス