• ホーム
  • 芸能
  • 壇蜜、スケスケ衣裳NGに嘆き「コンプラなんとかが…」

壇蜜、スケスケ衣裳NGに嘆き「コンプラなんとかが…」

 タレントの壇蜜が8月31日、都内で行われた中国ドラマ『武則天−The Empress−』DVDリリース記念イベントに登場。同作をイメージした中国宮廷衣装で登場したが「作品の中では、透け感のある衣装が多いので『再現してもいいよ』って言ったんですけど、コンプラなんとかが…。それさえなければ、もっと善処できたのですが」と露出不足を嘆いた。

【写真】その他の写真を見る


 同作は、中国史上ただ一人の女帝・武則天(則天武后)が主人公。中国三大悪女としても知られる彼女の数奇な生涯が、総製作費56億円という壮大なスケールで描く。劇中に出てくるセリフの再現に挑戦した壇蜜だが、中国語が書かれた紙を見ながら流暢に話し終えると、日本語訳も丁寧に説明。さながら「中国語教室」のような展開となり、会場からは笑いが起こった。

 作品の内容にちなみ、自身のプライベートでの恋愛について聞かれると「(仕事場で)技術班の年下の男性が『壇さん、僕はもうダメだ。肩を抱いてください』と言ってきたので『そんなに若いのにどうした!』っていう感じで、変な友情が生まれましたね」と告白。「結局、肩を組んだくらいのスキンシップに終わりましたが、それでも男成分を補給できたので」と笑顔を見せていた。

 同作は、9月2日よりリリース開始。

YouTube公式チャンネル「オリコン芸能ニュース」



関連写真

  • 鮮やかな中国宮廷衣装で登場した壇蜜 (C)ORICON NewS inc.
  • 流暢な中国語を披露 (C)ORICON NewS inc.
  • 作品をイメージした中国宮廷衣装で登場した壇蜜=中国ドラマ『武則天−The Empress−』DVDリリース記念イベント (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス