• ホーム
  • 映画
  • マーゴット・ロビーが語るハーレイ・クインの魅力「かわいくて強いだけじゃない」

マーゴット・ロビーが語るハーレイ・クインの魅力「かわいくて強いだけじゃない」

 バットマンやスーパーマンら、正義のヒーローによって投獄されたDCコミックスの悪役たちが勢ぞろいする映画『スーサイド・スクワッド』(9月10日公開)。本国では女性からの評価も高く、支持を集めているのがマーゴット・ロビー演じる“悪カワ”ヒロイン、ハーレイ・クインだ。

 本作の主人公は“悪党たち”。自分の刑を軽くしたい、暴れたいといった自己中心的な理由から、寄せ集め集団が戦いに臨む。ユニークな設定や、悪役たちの個性的なキャラクターが注目を集め、全米では公開から3週連続で首位を獲得し、世界中で5億7000万ドルを超えるヒットを記録している。

 悪党たちのなかでも群を抜いて支持を集めるのが、左右で異なる色のツインテール、セクシーなホットパンツ姿のクイン。バットとド派手な銃を武器に暴れまわるクレイジーなキャラクターでありながら、ベタ惚れしているジョーカーには一途に尽くす“乙女”な一面を持っている。

 映画のなかでもさまざまな表情を見せたり、予想できない行動で驚かせたりと存在感は抜群。そんなクインの魅力について、ロビーは「ハーレイが強い女性だから演じたわけではないのよ」と明かしている。

 「彼女は確かに肉体的には強いけれど、こと恋愛に関して、ひどく脆い。私にも、何度ひどい目にあってもボーイフレンドと別れられない友達がいるけれど、誰にでもそういう弱さはあると思うのよ。もちろん、恋愛に限らずね。そういったリアルなキャラクターを演じられることに強く引かれたの」と語り、「時には間違いながら、意地悪だったり、ひどいこともする。かわいくて強いだけじゃない、表情豊かなキャラクターに引かれたの」とコメントしている。



オリコントピックス