• ホーム
  • 芸能
  • 塩見三省、琥珀に閉じ込められた『あまちゃん』愛を語る

塩見三省、琥珀に閉じ込められた『あまちゃん』愛を語る

 2013年に社会現象となったNHK連続テレビ小説『あまちゃん』が、CS「ファミリー劇場」で放送されている。毎週、1週分(6回)をまとめて放送。契約視聴者の間で評判なのが、冒頭に放送される独自制作の特別番組『「あまちゃん」そのまえに…』。ドラマ出演者がゲストとして登場することもあり、8月24日に放送された「第23回 おら、勉さんに会いてぇだ」ではタイトルどおり、琥珀の勉さんこと小田勉を演じた塩見三省が久しぶりに元気な姿を見せていた。

 同番組で塩見は「『あまちゃん』から1年くらい経って体調を崩して、僕も琥珀みたいに時間を閉じ込めていたから、『あまちゃん』のことはすごく残っています」と、アキ(能年玲奈)、ユイ(橋本愛)、水口(松田龍平)との思い出を、つい最近の出来事のように語っていた。

 あす31日放送の「第24回 おらたちの紅白歌合戦」にも引き続き出演し、『第64回紅白歌合戦』での企画ステージの裏話を明かす。「完全な15分の台本が届いてびっくりした」といい、「あれが本当の最終回」と感慨深げ。「2013年の夏にアキちゃんとユイちゃんを見たんだなという感覚がいつまでも残るようなすてきなドラマだった」と思いを語る。

 いまも久慈に行けば勉さんに会えそうな気になるが、塩見は「勉さん、病気になっちゃったんですよ。これは本当にそうだと思う」と苦笑い。「でも、(喫茶&スナック)リアスに行きながら、立ち上がっていく人なんじゃないかな、勉さんは。今回、番組に出ようと思ったのはそのことが言いたかった」としっかりとした口調で話している。

 番組の最後は、第25回のゲスト、「あまちゃん」のオープニングテーマ曲を作曲した音楽監督の大友良英氏と引き継ぎの握手を交わしていた。

 『あまちゃん』ファミリー劇場での放送は毎週水曜午後9時〜11時(毎週6回分進行)、再放送は毎週日曜午前10時〜正午。



関連写真

  • ファミリー劇場で『あまちゃん』放送中。特別番組『「あまちゃん」そのまえに…』に琥珀の勉さんこと小田勉を演じた塩見三省(左)、オープニングテーマ曲を作曲した音楽監督の大友良英氏が出演(C)東北新社
  • ファミリー劇場で『あまちゃん』放送中。第131回より(C)NHK

オリコントピックス