• ホーム
  • 映画
  • 木村拓哉×三池崇史『無限の住人』2017年GW公開決定

木村拓哉×三池崇史『無限の住人』2017年GW公開決定

 SMAP木村拓哉が主演し、三池崇史監督と初タッグを組む映画『無限の住人』が、2017年ゴールデンウィークに公開することが決定した。

 沙村広明氏による同名漫画は、1993年から2012年に『月刊アフタヌーン』(講談社刊)で連載され、累計発行部数750万部突破。1997年に『第1回文化庁メディア芸術祭』マンガ部門優秀賞を受賞し、現在までに世界22の国と地域で刊行されている。

 三池監督は、映画『十三人の刺客』(2010年)が『第67回ベネチア国際映画祭』コンペティション部門、『藁の楯 わらのたて』(13年)が『カンヌ国際映画祭』コンペティション部門に正式出品されるなど、世界三大映画祭でも高く評価されているだけに、同作も海外を視野に入れた作品として期待が大きい。

 木村が演じるのは、不死身の体を持つ剣士・万次。「面倒くせぇ」が口癖だが、頼りがいのある男が引き受けたのは、“最初で最後”の少女の用心棒だった。2015年11月から16年1月初旬にかけてオール京都ロケで撮影が行われ、現在編集を行っている。

 きょう23日には、原作漫画の新装版第1〜3巻が発売。新装版カバーは、沙村氏による新たな描き下ろしビジュアルが採用され、公開までに続々とリリースされる予定。



関連写真

  • 木村拓哉主演で実写化される『無限の住人』。写真は23日より発売される新装版第1巻で、表紙には主人公・万次とヒロイン浅野凜、2人を付け狙う黒衣鯖人、閑馬永空が登場 (C)沙村広明/講談社 (C)2017映画「無限の住人」製作委員会
  • 第2巻表紙には天津影久、乙橘槇絵、川上新夜の姿が (C)沙村広明/講談社 (C)2017映画「無限の住人」製作委員会
  • 第3巻には百琳、尸良、偽一の躍動感あふれる姿が描かれている (C)沙村広明/講談社 (C)2017映画「無限の住人」製作委員会

オリコントピックス