• ホーム
  • 芸能
  • 天海祐希、天才シェフ演じる フジ連ドラ4年ぶり主演「とてもワクワクしております」

天海祐希、天才シェフ演じる フジ連ドラ4年ぶり主演「とてもワクワクしております」

 女優の天海祐希が10月からスタートするフジテレビ系連続ドラマ『Chef〜三ツ星の給食〜』(毎週木曜 後10:00)に主演することがわかった。同局では菅野美穂とのダブル主演作『結婚しない』(2012年10月期)以来4年ぶりで、単独では『カエルの王女さま』(2012年4月期)以来4年半ぶり。今回、天海は三つ星レストランの天才女性シェフでありながら学校給食づくりに挑むことになる異色の主人公・星野光子(ほしの・みつこ)を演じる。

【写真】その他の写真を見る


 光子は男性社会ともいわれる料理の世界で強靭なメンタルと体力で厳しい修行時代を乗り越え、数々の有名コンクールで優勝、銀座の有名三ツ星フレンチレストランの総料理長を務めるなど輝かしい実績を持つ女性。繊細な味覚と他の追随を許さない創造性で次々と新たなレシピを生み出すことで“自分の料理を残す客など世界に存在しない”と自分の料理に絶対的な自信を持っている。最近ではテレビ番組でコメンテーターも務めるスター的存在である。

 しかし絶好調の光子は、ある日、店のオーナーとトラブルを起こしクビになってしまう。オーナーの妨害と高すぎるプライドが災いしてなかなか新しい店が見つからない中、テレビ番組の企画で“学校給食”を作ることに。世界最高の料理を作ってきた彼女だが栄養・経費・味覚の違いなど、多くの壁にぶつかり失敗が続く様子をテレビで放送されてしまう。だが、ここで諦めない光子は、失った“星”を取り戻そうと給食づくりに全力を尽くすことなる。

 これまで様々な役柄でインパクトを残してきた天海はシェフ役初挑戦。「シェフというと食材、調理法、盛り付けなど一つ一つに熱意とこだわりを持って料理に向き合っているイメージがあり、きちんと演じられるのかという緊張感がありながら、新しい役へ挑戦させていただけることに、とてもワクワクしております!」と期待をふくらませる。本格的なコックコートにも袖を通し「大変身が引き締まる思いです」と背筋を正した。

 料理の世界でトップに上り詰めたものの店を追い出され、給食作りに悪戦苦闘することになるという振れ幅の大きいストーリーを考えたとき「主人公は天海さんしか思い浮かびませんでした」と太鼓判を押すのは長部聡介プロデューサー。「どんなに困難な状況でも前を向く強い意志、目標のためには決して妥協をしない気高いプライド、そして完璧なようでどこか抜けている憎めない性格、これらすべてを併せ持つ天海さんと共に、全ての女性がみて心の底からスカッとできる、明るく、抜けのいい、ドラマをつくっていきたい」と意気込んでいる。



関連写真

  • 天海祐希が10月からスタートするフジテレビ系連続ドラマ『Chef〜三ツ星の給食〜』(毎週木曜 後10:00)に主演
  • 10月からスタートするフジテレビ系連続ドラマ『Chef〜三ツ星の給食〜』(毎週木曜 後10:00)に主演する天海祐希

オリコントピックス