松本人志、SMAP解散に一定の理解

 お笑いコンビ・ダウンタウン松本人志が21日、フジテレビ系『ワイドナショー』(毎週日曜 前10:00)に出演し、年内の解散を発表したSMAPについて心境を語った。

 公私共に中居正広と親交がある松本は、今年1月のSMAP独立騒動の際に同番組で「絶対に解散してはいけない」と中居に忠告していたことを明かし、「人のことなのに泣きそうになる。このニュースは日本人の心に訴えてくるもの」と語っていた。この時は解散は避けられたが、今月14日未明に事務所より年内での解散が正式に発表。同局の人気番組『SMAP×SMAP』(毎週月曜 後10:00)の年内終了も決まった。

 解散決定を受け、松本はSMAPのヒット曲「世界に一つだけの花」になぞらえて、「押し花になったりドライフラワーになって残し方になるくらいなら、きれいに散ってしまったほうがいい、という考え方は個人的にはわかる。1枚1枚花びらとしてどれだけ輝けるのか、そっちの方が魅力があると考える」と、SMAPという名前を残したまま実質的に活動しなくなるよりも、解散を選択したメンバーや事務所の意思を尊重。

 また、真相を知りたいというファンの声についても「本当のことを言えるわけがない。突き詰めたら誰かの悪口になるし、それを笑いながら言えるくらいなら解散しない。それを追求して誰が得をするのか」と牽制。「事務所がもう少し詳しくコメントを出しても、みんな『それは嘘だ』となるでしょうし」と、メンバーの本当の思いを知るのは難しいのでは、とコメントした。

 中居は同番組にたびたび出演しており、近々の出演の話もあったというが、MCの東野幸治は「遠のきましたよね。番組のテイスト上、いろいろ聞かないといけないし…」と話すと、松本は「専門家で(元SMAPマネージャーの)飯島さんを呼べないかな」と提案。東野も「薄い茶色のサングラスをつけたら大丈夫ちゃいますか」と呼びかけた。



オリコントピックス