• ホーム
  • 音楽
  • 【オリコン】ユニコーン、7年半ぶりにアルバム1位

【オリコン】ユニコーン、7年半ぶりにアルバム1位

 ロックバンド・ユニコーンの約2年半ぶりとなるオリジナルアルバム『ゅ 13-14』(読み:ゆのいちさんいちよん、10日発売)が初週2.5万枚を売り上げ、8/22付オリコン週間アルバムランキング1位に初登場した。アルバム1位は、2009年3/2付で再結成後初のオリジナルアルバム『シャンブル』が記録して以来、7年半ぶり通算5作目となった。

 1987年10月にアルバム『BOOM』でデビューし、28年(28年10ヶ月)のキャリアを持つユニコーンは、今作で「男性グループのオリジナルアルバムによる首位獲得最長キャリア記録」を樹立。これまでは、1988年9月にシングル「だからその手を離して」、アルバム『B’z』の同時リリースでデビューし、2015年3/16付『EPIC DAY』で1位を記録したB’zの26年6ヶ月が最長だった。

 今作のタイトル『ゅ 13-14』は、「ユニコーンの13枚目14曲入りのアルバム」という意味。TBS系4月期ドラマ『重版出来!』主題歌で、6月にカセットテープ限定で発売された「エコー」などが収録されている。


■禁無断複写転載
※オリコンランキング(売上枚数のデータ等)の著作権その他の権利はオリコンに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、スマホ、SNS)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。


関連写真

  • 7年半ぶり5作目のアルバム首位を獲得したユニコーン
  • ユニコーンの約2年半ぶりとなるオリジナルアルバム『ゅ 13-14』

オリコントピックス