• ホーム
  • 芸能
  • 『みちのくマラソン2016』スタート 間寛平「忘れたらアカンで!」

『みちのくマラソン2016』スタート 間寛平「忘れたらアカンで!」

 お笑いタレントの間寛平(67)が総監督を務める『RUN FORWARD KANPEI みちのくマラソン2016』が10日、福島県双葉郡の「Jヴィレッジ」からスタートした。

 同マラソンは、今年で5回目の開催。東日本大震災からの復興を願い、間が芸人仲間らと岩手、宮城、福島の被災地沿岸部を走り、24日に岩手・宮古市役所にゴールする予定。前回より130キロ増え、全行程は684キロ。市民ランナーの参加やゴール地点を仮設住宅とするなど、被災者との交流をさらに深めることをテーマとしている。

 スタートに際し、間は「復興に向けて忘れられないようにせんと。景色を見ても、少しずつ復興は進んでいるけど、まだまだ先は長い。これからもずっと続けていきます」とアピール。「阪神大震災も復興まではすごい時間がかかったけど、みんなの支えがあってここまでこれた。東北も時間はかかるかもわからんけど、必ずゴールは来ると思うから、みんなで頑張りましょう」と呼びかけた。

 この日は、福島県の住みます芸人・ぺんぎんナッツや地元局のアナウンサーらも参加。いわき市内までたすきをつなぐと間は「毎回、皆さんの邪魔になってるんじゃないかと心配ですが、道中で『待っとったよ、また来年も来てね』と応援の声をかけてもらえると、ますます頑張らなアカンと思います。皆さんに喜んでもらえるなら“一心同体“で何でもやりまっせ!」と使命感を燃やしていた。



関連写真

  • 『RUN FORWARD KANPEI みちのくマラソン2016』をスタートさせた間寛平
  • 計15日間にわたって36市町村をめぐり、過去最長となる計684キロを走破する

オリコントピックス