• ホーム
  • 芸能
  • 古舘伊知郎、フジで16年ぶりレギュラー番組 2時間枠の大型バラエティー

古舘伊知郎、フジで16年ぶりレギュラー番組 2時間枠の大型バラエティー

 フリーアナウンサーの古舘伊知郎が、今秋フジテレビ系でスタートする新たなバラエティー番組(タイトル未定)で司会を務めることが9日、わかった。番組は現在『日曜ファミリア』を放送中の日曜午後7時からの2時間枠で、古舘が同局でレギュラー番組を持つのは金曜深夜に放送されていた『第4学区』(1999年〜2000年)以来、およそ16年ぶりとなる。

【写真】その他の写真を見る


 フジテレビにとっても「ゴールデン・プライムタイム」(午後7時〜11時の4時間)に2時間枠のバラエティー番組を編成するのは、かつて古舘が司会を担当した『夜のヒットスタジオDELUXE』(85年4月〜89年9月)以来およそ27年ぶりの挑戦で、まさに今年の10月改編の目玉となる。同時間帯はNHK大河ドラマを始め、各局の高視聴率番組がしのぎを削りあう“激戦区”とあり、古舘、フジテレビ双方にとっての試金石となりそうだ。

 古舘は「この番組にタイトルをつけるとしたら『今日もお台場の風強し』(仮)。楽な枠などあるわけはない。だから自分を厳しく戒める。還暦過ぎた男が“一日一生”と思い、まい進するのみ」と新番組への覚悟を語っている。

 また、番組でやってみたいこととして「報道を12年やった男の娯楽番組」と展望を明かした。「世の中というものは、どんな時代だって矛盾だらけ。例えば、医学が進歩して薬やサプリがこんなにあふれているのに、本当に健康ですか? 家族もディズニーランドに行った時は、一家団らんの笑顔だが、帰りの電車では個々がスマホをいじって仏頂面。アトラクションで揺られなければ、笑顔にはなれないのか?」と構想を膨らませている。



関連写真

  • 今秋スタートのバラエティ番組で司会を務めることが決まった古舘伊知郎 (C)フジテレビ
  • 今秋スタートのバラエティ番組で司会を務めることが決まった古舘伊知郎 (C)フジテレビ
  • 今秋スタートのバラエティ番組で司会を務めることが決まった古舘伊知郎 (C)フジテレビ

オリコントピックス