• ホーム
  • 芸能
  • りこぴん&りーめろ先輩 ドラマ初出演で演技に挑戦

りこぴん&りーめろ先輩 ドラマ初出演で演技に挑戦

 『女子高生全国ミスコン2015-2016』で日本一かわいい女子高生に選ばれた“りこぴん”こと永井理子と、昨年『エイベックス サンシャイン グラビア オーディション』でグランプリを獲得した“りーめろ先輩”こと莉音が31日放送のTBS系連続ドラマ『死幣』(毎週水曜 深0:10)の第8話でドラマ初出演を果たすことがわかった。

【写真】その他の写真を見る


 「呪われた一万円札=死幣」を手にした人間が次々と不可解な死を遂げるホラー・サスペンスで、主人公の女子大生・南由夏(松井珠理奈)の妹・小夢(清原果耶)の友達の女子高生役を演じる。現場でも終始、緊張した様子の2人だったが、撮影間には、松井とも3ショットを撮影し、和やかな雰囲気で進行した。

 「女子高生役だったので、いつもの自分を出すことが出来てやりやすかった」と語る永井は「本当に初めての演技だったので感覚が分かりませんでしたが、監督からのたくさんのアドバイスのおかげでなんとか撮影を乗り切れました」と満足げ。

 莉音は「最初はとても緊張してセリフを言えるか不安でしたが、監督が『自然でいいんだよ!』と声を掛けてくださって、気が楽になり楽しくできました」と振り返り、「ほかにも色々ご指導いただき、自分が思っている以上に気持ちをこめて演技をしないと見ている方には伝わらないんだなと感じました」とその難しさをかみしめていた。



関連写真

  • 31日放送のTBS系連続ドラマ『死幣』の第8話に出演する(左から)永井理子、莉音 (C)TBS
  • 31日放送のTBS系連続ドラマ『死幣』の第8話に出演する(左から)莉音、永井理子 (C)TBS
  • 31日放送のTBS系連続ドラマ『死幣』の第8話に出演する莉音 (C)TBS
  • 31日放送のTBS系連続ドラマ『死幣』の第8話に出演する永井理子 (C)TBS

オリコントピックス