• ホーム
  • 芸能
  • 妻夫木聡、8年前のマイコのデビュー作から注目「素敵な女優さんだな」

妻夫木聡、8年前のマイコのデビュー作から注目「素敵な女優さんだな」

 俳優の妻夫木聡(36)と女優のマイコ(31)が4日、所属事務所を通じて結婚することを発表した。交際期間は4年だが、妻夫木は8年前からマイコを「素敵な女優」と思っていたエピソードが明らかになった。

 事務所の発表によると、2人の出会いは2012年夏。二人が出演したドラマ『東野圭吾ミステリーズ・シャレードがいっぱい』(フジテレビ 演出・石井克人)の打ち上げの席で意気投合し、その後、交際に発展した。

 しかし、遡ること4年。モデルとして活躍していたマイコの女優デビュー作となった2008年の映画『山のあなた〜徳市の恋〜』(監督・石井克人)を見た妻夫木は、「素敵な女優さんだな」と思っていたという。時を経て、12年に同じ石井氏の作品で共演というかたちで出会った2人はこの日、直筆ファクスで結婚を報告。書面では「四年前に出会い、一緒に穏やかな時間を過ごして参りました。互いに相手を思いやる心に惹かれ、この気持ちを生涯大切に、そして共に年を重ねていきたく、結婚の運びとなりました」と互いの思いをつづっている。

 妻夫木は今年9月に出演映画『怒り』や、来年公開の主演映画『奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール』が控える。マイコも9月上演の舞台『ガラスの仮面』や来年1月上演の『お気に召すまま』などに出演。生涯の伴侶を得た2人の活動にますます注目が集まる。



関連写真

  • 結婚することを発表した妻夫木聡&マイコ
  • 直筆FAXで婚約発表

オリコントピックス