• ホーム
  • 芸能
  • 鈴木浩介もびっくり 『刑事7人』でまさかの展開

鈴木浩介もびっくり 『刑事7人』でまさかの展開

 テレビ朝日系ドラマ『刑事7人』(毎週水曜 後9:00)の第4話(8月3日放送)の場面写真として、ショッキングな写真が公開された。血を流して倒れているのは、鈴木浩介演じる捜査一課12係の刑事・永沢圭太。えっ? まさか、このタイミングで?

【写真】その他の写真を見る


 昨年7月期に放送された第1シリーズから、永沢役で出演してきた鈴木。長沢はどこか飄々とした雰囲気を漂わせ、ほかの刑事たちの言動にツッコミを入れてくれる、視聴者目線に近いキャラクターでもあった。

 鈴木も「まったく予想もしていなかった」といい、永沢の殉職は動かしがたい事実のよう。「まさか永沢が途中で死ぬことになるとは…。作品の途中でクランクアップを迎える経験もたぶん、過去になかったと思うんです。だから、今も実感がないというか…」と、鈴木だけひと足先にクランクアップ。

 東山をはじめとする仲間たちに囲まれて迎えた撮影最終日、共演者一人一人から花を贈られると、感極まるものがあったようで、「こんなにたくさんお花をもらうシステムは初めてなので、いまちょっと頭がパニック状態ですが(笑)」と戸惑いを見せながらも、神妙な面持ちで「正直なところ、本当に寂しい気持ちがあります」と名残惜しそう。

 永沢に一体何が起きたのか。第4話は、「永沢死す」という“まさかの事態”から始まる。鈴木は「永沢がいなくなったことで、みんながどう力を合わせ、事件を解決していくかが一番の見どころだと思いますので、ぜひご覧ください」と言葉を残し、現場を後にした。



関連写真

  • テレビ朝日系ドラマ『刑事7人』第4話より。路上で倒れているのは鈴木浩介演じる永沢圭太。まさか!?(C)テレビ朝日
  • テレビ朝日系ドラマ『刑事7人』第4話より。12係の前の係長・片桐正敏(吉田鋼太郎)と(C)テレビ朝日
  • テレビ朝日系ドラマ『刑事7人』第4話より。仲間の死の真相を究明しようとする(左から)水田環(倉科カナ)、今シリーズから新たに12係のメンバーとなった青山新(塚本高史)、12係の係長・沙村康介(高嶋政宏)、12係から未来犯罪予測センターに異動となった山下巧(片岡愛之助)(C)テレビ朝日
  • テレビ朝日系ドラマ『刑事7人』第4話より。仲間の死の真相を究明しようとする(左から)水田環(倉科カナ)、今シリーズから新たに12係のメンバーとなった青山新(塚本高史)、12係の係長・沙村康介(高嶋政宏)(C)テレビ朝日
  • テレビ朝日系ドラマ『刑事7人』第4話より。永沢の死の真相を究明しようとする法医学教室教授・堂本俊太郎(北大路欣也)(C)テレビ朝日

オリコントピックス