ハロプロ「北海道限定」研修生7人初披露

 アイドルグループ・℃-uteモーニング娘。’16らが所属するハロー!プロジェクトは30日、北海道札幌のニトリ文化ホールで行われたコンサート『Hello!Project 2016 SUMMER 〜Sunshine Parade〜』で「北海道限定」メンバーオーディションの合格者をお披露目した。昨年5月から1年以上かけて400人以上の応募者の中から選ばれた7人は、「ハロプロ研修生北海道」として当面は道内限定で活動を行う。

【写真】その他の写真を見る


 昨年5月から募集を開始した『ハロー!プロジェクト「北海道限定」メンバーオーディション』は、ハロプロが全国各地の才能を発掘すべく、新設された大型オーディション。その最初のエリアとして選定されたのが北海道だった。

 コンサート冒頭、MCのシャ乱Qまことに呼び込まれて登場したのは、11〜12歳の小中学生からなる7人。公式サイトでは7人が合格したことが発表されていたが、この日初めて名前も含めてお披露目され、太田遥香(札幌市出身・12歳)、佐藤光(札幌市出身・12歳)、石栗奏美(札幌市出身・12歳)、河野みのり(札幌市出身・12歳)、北川亮(蘭越町出身・12歳)、工藤由愛(札幌市出身・12歳)、山崎愛生(札幌市出身・11歳)がそれぞれ自己紹介した。

 続けて、オープニングアクトとしてハロプロ研修生の定番曲「おへその国からこんにちは」を元気いっぱいにパフォーマンス。ハロプロはモーニング娘。OGの安倍なつみ飯田圭織藤本美貴紺野あさ美をはじめ北海道出身メンバーが多いことから、「アイドル王国」から発掘された原石にファンは盛大な声援を送っていた。

 当面の活動は道内限定となるが、他の研修生同様、ハロー!プロジェクトのメンバーとしてメジャーデビューすることを目指す。



関連写真

  • 「ハロプロ研修生北海道」の7人をお披露目
  • オープニングアクトとして「おへその国からこんにちは」をパフォーマンス
  • 小中学生7人からなる「ハロプロ研修生北海道」
  • 小中学生7人からなる「ハロプロ研修生北海道」

オリコントピックス