• ホーム
  • 映画
  • 廣瀬智紀、落とし穴シーンに充実感「貴重な経験」

廣瀬智紀、落とし穴シーンに充実感「貴重な経験」

 俳優の廣瀬智紀が7月31日、都内で行われた映画『天秤をゆらす。』完成披露イベントに登壇。劇中、2回にわたって登場する“落とし穴シーン”の撮影を振り返り「穴が意外と深くて、恐怖感がありましたね…」と笑顔を見せた。

【写真】その他の写真を見る


 2度目の撮影では、落とし穴の場所がわからなかったようで「手が(地面に)残って、穴に入っていったから、傷ができちゃいまして、いまだに消えてないんですよ」と、なぜかうれしそうにアピール。「貴重な経験ですよね」と充実感をにじませると、同席した、染谷俊之赤澤燈も「俺らも落ちたかった」とうらやましがっていた。

 同作は、万年モラトリアムなダメ男2人の成長を描いた映画『カニを喰べる。』、『羊をかぞえる。』に続く待望のシリーズ第3弾。今回は、超がつくほどのお人好し丸井裕之(廣瀬)にスポットを当てた、スピンオフ作品となっている。

 同作は、今冬公開予定となっている。



関連写真

  • 映画『天秤をゆらす。』完成披露イベントに登壇した廣瀬智紀 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『天秤をゆらす。』完成披露イベントで天秤ポーズをキメる(左から)染谷俊之、廣瀬智紀、赤澤燈 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『天秤をゆらす。』完成披露イベントに登壇した染谷俊之 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『天秤をゆらす。』完成披露イベントに登壇した赤澤燈 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス