• ホーム
  • 芸能
  • 乃木坂46と一緒に恐怖体験!VRホラーハウスが登場

乃木坂46と一緒に恐怖体験!VRホラーハウスが登場

 人気アイドルグループ・乃木坂46を主演にすえた『乃木坂46 VRホラーハウス』が現在開催中のフジテレビ夏の大型イベント『お台場みんなの夢大陸2016』(〜8月31日)に登場。VR(バーチャルリアリティー)を駆使した最先端のお化け屋敷である同所では生駒里奈齋藤飛鳥桜井玲香高山一実西野七瀬らと一緒に恐怖体験を味わえ、しかもメンバーが抱きついてくれるかも…というハラハラドキドキの新スポットとなっている。

 秋元康プロデューサーのアイデアを受け、8月20日放送の乃木坂メンバーが初主演する『ほんとにあった怖い話 夏の特別編2016』(後9:00)とコラボした同企画が実現。『ほん怖』特別企画の心霊スポット取材という設定のもと各々頭に小型カメラをつけたり、懐中電灯を持って某病院のボイラー室を訪れる。昔、髪の長い女が首つり自殺をして、それから事故が相次ぎ閉鎖になったといういわくつきの病棟を、肩を寄せあって恐る恐る進んでいく。

 最新技術のVR撮影に臨んだ生駒は「乃木坂46でこういう映像に出演するというのはなかなかない機会なので、ぜひご覧になる方には、思い切り怖がっていただいて泣いてほしいです」と期待を込め、齋藤は「怖がってほしいけど、映像では(桜井)玲香たちがリアルで怖がっている姿が見えるので普段は見えないところを楽しんでほしいです」と注目ポイントをアピール。

 360度あらゆる角度からメンバーに迫っており、桜井は「一回じゃ絶対見逃すところもあると思います。ぜひそのあたりを研究して見てほしいと思います」とリピートを推奨し、高山は「お化け屋敷が怖いという人も、臨場感がある形なのに安全は確保されているので、とにかく怖いのは目だけ!体は大丈夫だから挑戦してほしいと思います」と呼びかけた。西野は「皆さんにもびびってほしいけれど私たちがびびっている姿も珍しいと思うのでそこも注目かなって思います」と普段はなかなか見れない彼女たちの表情もみどころだ。

 



関連写真

  • ドラマ『ほんとにあった怖い話』に出演する乃木坂46(C)フジテレビ
  • 「ほん怖プレゼンツ『乃木坂46 VRホラーハウス』」ロゴ

オリコントピックス