• ホーム
  • 芸能
  • 「ミラーマン」石田信之、がん闘病に決意新た「まだまだ戦い続ける」

「ミラーマン」石田信之、がん闘病に決意新た「まだまだ戦い続ける」

 特撮ドラマ『ミラーマン』の鏡京太郎役などで知られ、昨年がんの再発で「余命20〜30ヶ月」と診断されたことを発表した俳優・石田信之(65)が29日、都内で行われたファミリーイベント『ウルトラマンフェスティバル2016』内のトークショー「円谷特撮ヒーローシリーズ祭!」に登場。イベント前に行われた囲み取材で、現在の体調について「今のところは、現状維持です」と報告した。

【写真】その他の写真を見る


 長きにわたる闘病生活にも「相も変わらずですが、長く付き合っていかないといけないなという感じですね」と笑顔を見せながら今の心境を告白。現在も薬での治療を続けているようで「来月からも診察やCT撮ったりして、中を診てもらいます。なかなか、休ませてくれないから、まだまだ戦い続けます!」と決意を新たに宣言した。

 この日、久しぶりに変身後のミラーマンとの対面を果たすと「本当になつかしいの一言です。何回見てもタイムスリップするというか(自分が演じた)45年前の気持ちにすぐ入っていけます」としみじみ。「『ミラーマン』が放送されてから45年が経ちますけど、今でも遜色を感じない作りになっていると思います」と呼びかけていた。

 イベントにはそのほか、『ファイヤーマン』で主人公・岬大介役を演じた俳優の誠直也も登場した。



関連写真

  • がん闘病で現状を明かした石田信之 (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)ファイヤーマン、誠直也、石田信之、ミラーマン (C)ORICON NewS inc.
  • 『ウルトラマンフェスティバル2016』内のトークショーに登場した誠直也 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス