• ホーム
  • 芸能
  • 『先生のおとりよせ』連載再開1作目は「お米」と「ふりかけ」

『先生のおとりよせ』連載再開1作目は「お米」と「ふりかけ」

 アニメーション映画化もされた『同級生』シリーズの漫画家・中村明日美子氏と、『妖g庵夜話』シリーズなどのヒット作で知られる小説家・榎田ユウリのコラボ作品『先生のおとりよせ』の連載が、pixivコミック内「クロフネZERO」で再開された。

【写真】その他の写真を見る


 同漫画は毎回実在する“お取り寄せグルメ”を軸に、漫画と小説のリレー形式で紡がれるグルメ作品。2013年に同サイト連載され、14年に単行本化、そしてファン待望の第2シリーズが始まった。再開後の漫画第1弾のお取り寄せ食材は「お米」と「ふりかけ」。読むとついお取り寄せしたくなる一作となっている。

 連載再開に際し、中村氏は「先のシリーズでは、お取り寄せしてみた! 美味しかった!という声をたくさんいただけてうれしかったです。11話のお米もふりかけも、愛食を重ねた上でのご紹介なので自信を持ってオススメします。今後もガチンコで頑張ります」と意気込み。

 榎田氏は「お待たせしました、フェミオサとチチクラ(ほんとの名前をだいぶ失念気味)が帰って参りました。小説の第1弾は、もはや駄菓子と侮れないポン菓子『ぱん豆』をご紹介。第2期も中村明日美子先生と一緒に皆さまの食欲のツボをプッシュしまくる所存です」と前のめりに語っている。



関連写真

  • 『先生のおとりよせ』(漫画&挿絵:中村明日美子、小説:榎田ユウリ)連載再開(C)Asumiko Nakamura/Yuuri Eda/libre 2014
  • 『先生のおとりよせ』(漫画&挿絵:中村明日美子、小説:榎田ユウリ)連載再開。第11話サンプル(C)Asumiko Nakamura/Yuuri Eda/libre 2014
  • 『先生のおとりよせ』(漫画&挿絵:中村明日美子、小説:榎田ユウリ)連載再開。第11話サンプル(C)Asumiko Nakamura/Yuuri Eda/libre 2014
  • 『先生のおとりよせ』(漫画&挿絵:中村明日美子、小説:榎田ユウリ)連載再開。第11話サンプル(C)Asumiko Nakamura/Yuuri Eda/libre 2014
  • 『先生のおとりよせ』(漫画&挿絵:中村明日美子、小説:榎田ユウリ)連載再開。第11話に登場する農樹コシヒカリ/Kyoto rice has history.(農樹)、たまごふりかけ(富澤商店)
タグ

オリコントピックス