JUJUのライブをWOWOWで独占放送

 歌手のJUJUが、ライブツアー『JUJU HALL TOUR 2016 -WHAT YOU WANT-』を7月1日に東京国際フォーラム・ホールAで開催した。昨年12月に発売した6枚目のオリジナルアルバム『WHAT YOU WANT』の楽曲を引っ提げて行われた同ライブの模様が、7月24日(日)午後9時30分よりWOWOWライブで独占放送される。

【写真】その他の写真を見る


 ステージの幕開けは、ゴージャスかつ洗練されたナンバーだ。ジャズやファンクを取り入れたサウンドに乗せて大人の恋をグルーヴィーに歌い、会場の空気を華やかに染め上げていく。メロディアスなラブソングも印象的で、「Hold me, Hold you」では愛する想いを力強くも心に響く歌唱で観客に届けていく。

 「ラストシーン」など切ない胸の内を綴った楽曲では情感豊かに歌い上げ、「WITH YOU」では、温もりあふれる歌声で会場をやさしく包み込んでいく。とりわけ、アルバム収録曲「Eternally」は、慈しむような歌声が聴く者の心を浄化させていくようだった。JUJUの真骨頂といえるバラードもたっぷりと聴かせた。

 ライブ後半では、エレクトロなビートが心地よいヒット曲「PLAYBACK」を振り付きで歌い踊り、「What You Want」では、ダンサーと共にあでやかなパフォーマンスで会場を盛り上げた。代表曲からは、自身のキャリアでターニングポイントになった楽曲をセレクト。「やさしさで溢れるように」では、「みなさんと歌いたい」と、サビを観客が歌い感動的な雰囲気に包まれた。さらに、「今日まで歌い続けてきてよかった」とファンに感謝の気持ちを伝え、「奇跡を望むなら...」や「ありがとう」と珠玉の名曲を歌い上げた。

 また、今春発売した初の洋楽カヴァーベストアルバム『TIMELESS』から、ベット・ミドラーの「The Rose」とフランキー・ヴァリの「Can't Take My Eyes Off Of You」というタイプの異なる2曲を熱唱。カラオケが歌手としての原点だったと語り、「カヴァーは(自分を)ゼロに戻してくれる。これからも歌い続けたい」と決意を新たにしていた。



関連写真

  • JUJUのライブの様子(写真:Kayoko Yamamoto)
  • JUJU(写真:Kayoko Yamamoto)
  • JUJU(写真:Kayoko Yamamoto)
  • JUJU(写真:Kayoko Yamamoto)
  • JUJU(写真:Kayoko Yamamoto)
タグ

オリコントピックス