• ホーム
  • 芸能
  • 玉木宏、『あさが来た』後の初民放ドラマで特捜検事「非常にチャレンジングな作品」

玉木宏、『あさが来た』後の初民放ドラマで特捜検事「非常にチャレンジングな作品」

俳優の玉木宏が、テレビ東京の六本木3丁目移転プロジェクト特別企画ドラマスペシャル『巨悪は眠らせない 特捜検事の逆襲』(年内放送)に主演することが19日、わかった。玉木にとってはNHK連続テレビ小説『あさが来た』以降、初の民放ドラマ出演。東京地検特捜部に抜てきされた気鋭の検事・冨永真一を演じ、同局ドラマ初出演、社会派ドラマにも初出演となる。

原作は、『ハゲタカ』シリーズで知られる真山仁氏の社会派長編小説『売国』。真山作品が民放でドラマ化...

オリコントピックス