• ホーム
  • 映画
  • 門脇麦、テラハ流芝居で開眼「演技の概念捨てた」

門脇麦、テラハ流芝居で開眼「演技の概念捨てた」

 女優の門脇麦が12日、都内で行われた主演映画『二重生活』大ヒット御礼トークイベントに登場。同作のメガホンをとった岸善幸監督独特の演出法について「ほかの監督の方が演技の時に『ご自由にどうぞ』というのは、行動範囲が“映画のサイズの中で”という意味なのですが、岸監督の場合はその際限がなかったですね」と笑顔で明かした。

【写真】その他の写真を見る


 その演出法について「例えば、岸監督が『2人が家の中にいます、ご自由どうぞ』と言った時は、家の外に出て行ってもいいし、ベランダに出て行っても良かった」と説明。自由度の高い指示を受け、これまで培った演技術では太刀打ちできないと悟ったそうで「演技の概念を捨てて(その家に)住んでしまおうという気持ちで臨みました。言ってみたら『テラスハウス』気分ですよね」と笑わせていた。

 そんな門脇の演技について、岸監督は「今回の一番の見せどころは、門脇麦オンパレードということだった。いろんなところで『麦ちゃんの演技がすばらしい』という評価を聞くので、本当にうれしいです」と絶賛。「麦ちゃんの力があって、この作品が生まれたと思うので、そこは本当に観てほしいと思います」と呼びかけていた。

 作家・小池真理子氏の小説を実写化した同作は、大学院の教授に薦められ、“哲学的尾行”を実践することとなったヒロイン・珠(門脇)が、編集者の石坂(長谷川博己)を尾行していくうちに、どんどんその行為にのめり込んでいく様子が描かれている。



関連写真

  • 役作りについて語った門脇麦 (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)岸善幸監督、門脇麦 (C)ORICON NewS inc.
  • 岸善幸監督=映画『二重生活』大ヒット御礼トークイベント (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス