• ホーム
  • 芸能
  • 【真田丸】38年ぶり松本幸四郎の呂宋助左衛門、7・17登場「役者冥利に尽きる」

【真田丸】38年ぶり松本幸四郎の呂宋助左衛門、7・17登場「役者冥利に尽きる」

 NHK大河ドラマ『真田丸』(毎週日曜 後8:00 総合ほか)に、呂宋助左衛門(るそん すけざえもん)役で出演が決まっていた俳優の松本幸四郎が、17日放送の第28回に登場することが明らかになった。

 呂宋助左衛門は、戦国時代に呂宋(ルソン=フィリピン)との交易を開いた堺の豪商。1978(昭和53)年に放送された大河ドラマ第16作『黄金の日日』の主人公にもなった人物で、当時6代目・市川染五郎を名乗っていた松本が主演した。38年ぶりに助左衛門を演じることになった経緯について、松本は次のように語っている。

 「『真田丸』の脚本を手がけられている三谷幸喜さんですが、『黄金の日日』を見て『劇作家になろうと思った』とお会いするたびにおっしゃっていたんです。今回、『真田丸』に呂宋助左衛門役で出てほしいと三谷さんからお話があった時は、『僕の夢ですから』とおっしゃっていた。『黄金の日日』をご覧になっていた学生が、38年経ったいま、大河ドラマを執筆されている。こんなうれしいことってありますか。役者冥利に尽きます。このような機会をつくってくれた三谷さんにお礼を言わないといけない。本当に感謝しています」。

 『真田丸』のスタッフも、改めて『黄金の日日』を観直し、演出にリスペクトを込めた。衣装は当時を知るスタッフが“現役”で、38年前の助左衛門をほうふつとさせる衣装をあつらえたという。「きっとおもしろく、すてきな形で蘇るんじゃないでしょうか。信繁さんとの絡みもお楽しみに」と松本。

 信繁を演じる堺雅人も「『黄金の日日』で描かれた、港町・堺の自由で海の香りが漂ってくるような雰囲気を、松本幸四郎さんが持ち込んでくださいました。『黄金の日日』という伝説の作品の力をお借りして、新たな色が加わった『真田丸』を引き続きご覧になっていただければと思います」とコメントを寄せている。



関連写真

  • 7月17日放送の大河ドラマ『真田丸』第28回に松本幸四郎(左)演じる呂宋助左衛門が登場。主人公・真田信繁役の堺雅人とがっちり握手(C)NHK
  • 7月17日放送の大河ドラマ『真田丸』第28回の場面写真(C)NHK

オリコントピックス