• ホーム
  • 芸能
  • 黒柳徹子、来年7月に結婚? 手相占いで診断「楽しみ」

黒柳徹子、来年7月に結婚? 手相占いで診断「楽しみ」

 女優の黒柳徹子(82)が8日、都内で行われたテレビ朝日系の特番『黒柳徹子だけが知っている THEテレビ伝説60年史』(17日、後6:57〜9:56)の収録に臨んだ。黒柳は、脚本家の中園ミホ氏に手相占いをしてもらい、「来年の7月に結婚する」と告げられたことを告白。「(中園氏が)どうして言い切ったのかわからないが、するんだろうなと思ったらうれしくて」とお茶目に笑った。

【写真】その他の写真を見る


 黒柳は16歳の時に占いで「結婚は遅い」と診断されたという。そして82歳の現在も未婚で「本当に遅い」とぼやき、記者陣を笑わせた。理想の相手は「尊敬できて、ある程度知的で、面白い人」だが、まだ巡り会っていない様子。それでも「来年7月まであと1年あるから何とかなる。来年7月が楽しみ」と希望を捨てなかった。

 同番組は、「日本初のテレビ女優」としてデビューした黒柳の歴史、63年間にわたるテレビ放送の歴史を辿っていく。長年、テレビとともに歩んできた黒柳は「こんなに長くやれるなんて奇跡。スタッフのみなさん、お客さんに感謝です」としみじみだった。

 番組にはスペシャルゲストとして杉良太郎水谷豊近藤真彦のほか、ご意見番として黒柳の大親である野際陽子樹木希林が登場。黒柳の知られざる顔も明かされていく。さらに樹木の夫でロック歌手の内田裕也がサプライズ登場する。

 番組にはそのほか、千原ジュニア鈴木奈々ビビる大木高橋真麻らも登場する。司会は羽鳥慎一が務めた。



関連写真

  • 手相占いで「来年の7月に結婚する」と告げられた黒柳徹子 (C)ORICON NewS inc.
  • 同番組では、「日本初のテレビ女優」としてデビューした黒柳徹子の歴史、63年間にわたるテレビ放送の歴史を辿っていく
  • テレビ朝日系の特番『黒柳徹子だけが知っている THEテレビ伝説60年史』の収録を行った黒柳徹子

オリコントピックス