• ホーム
  • 芸能
  • 俳優の曽根晴美さん、胆管細胞がんで死去 78歳

俳優の曽根晴美さん、胆管細胞がんで死去 78歳

 映画『仁義なき戦い』シリーズやドラマの悪役として活躍した俳優・曽根晴美(そね・はるみ)さんが6月16日午後1時2分、胆管細胞がんのため、名古屋市内の病院で死去した。78歳だった。

 通夜・葬儀は、故人の強い思いに従い家族のみの密葬で執り行われ、お別れ会の予定はない。公式サイトでは「生前の賜りましたご厚情に深く感謝申し上げます」と伝えている。



オリコントピックス