• ホーム
  • 映画
  • なんでも「ゴースト」のせいにする貝社員が登場

なんでも「ゴースト」のせいにする貝社員が登場

 一時期、小学生の間でなんでも「妖怪」のせいにする風潮がまん延したことがあったが、今度は「ゴースト」のせいにする“貝社員”が現れた。

【写真】その他の写真を見る


 2014年よりTOHOシネマズの幕間にて上映されている『キャラクターバトルクラブ』から生まれたショートアニメーション『貝社員』。今春より日本テレビ系『ZIP!』内で「朝だよ!貝社員」としてテレビアニメ化もされている。

 その『貝社員』と米国の大作映画『ゴーストバスターズ』(8月11日〜14日先行公開、8月19日全国公開)が、世“貝”観を超えてコラボレーション。貝社員の中でも抜群の人気を誇る“アサリ”が登場するコラボ映像が完成した。

 「アッサリ仕事を投げ出す」ことでおなじみの“アサリ”らしく、不完全な企画書をゴーストのせいにしてみたり、ゴーストのように忽然(こつぜん)と消えてみたり、初のSF映画コスプレに挑戦したりと、やりたい放題。

 アサリは「ゴーストバスターズとのコラボには、無感情のボクも感激したっす。プロトンパックを背負えたのもうれしかったなぁ。でも、コレすげー重いっす、幽霊退治も大変ですね。ボクなら確実にアッサリ投げ出しますとにかく、この映画すごく面白いんで、皆さん仕事サボって劇場に足を運んでくださいね」とちゃっかりPRしている。

 コラボ映像はあす2日より全国のTOHOの幕間で上映開始。映像は公式YouTubeでも見ることができる(8月末までの期間限定掲載)。

YouTube公式チャンネル「オリコン芸能ニュース」



関連写真

  • 貝社員と映画『ゴーストバスターズ』がコラボレーション
  • コラボ映像のカット
  • 7月2日より全国のTOHOの幕間で上映開始
  • 貝社員と映画『ゴーストバスターズ』がコラボレーション

オリコントピックス