佐藤栞里、念願の初カバーに涙 Q&Aではプライベートも告白

 モデルでタレントの佐藤栞里が、7月1日発売の女性ファッション誌『mini』(宝島社)8月号の表紙に登場。自ら出演を志願した雑誌のカバーを初めて飾り、インタビューでは涙を浮かべながら喜びを語った。

【写真】その他の写真を見る


 佐藤は、数年前にモデルとしての活動に悩んでいた時期に「自分のやりたいことをやろう」と決断し、マネージャーに『mini』に出たいと思いを直訴。それが実り、同誌のレギュラーモデルとして活躍してきたが、ついにカバーを飾ることになり「正直、こんな日が来るとはぜんっぜん思ってなかったです」と喜びを爆発させた。

 撮影日には珍しく緊張していたといい、「願かけのために“べっぴんお守り”を持ってきて、さらにスタジオに来る前に神社に寄ってきました」と告白。また、両親に表紙登場が決まったことを打ち明けると「二人共とっても喜んでくれました」と家族一丸の念願だったことを明かした。夢が実現し、編集部から「これからも頼りにしてます」と声をかけられると、「そんなうれしいこと言われたら…」と涙目になっていたという。

 初カバーを記念し、誌面では「佐藤栞里になりたーい」という特集で、佐藤の魅力を徹底解剖。ファッションやメイクのこだわりを紹介するほか、パーソナルに迫る“100問100答”では「ちいさいころの夢は?」「スニーカー、何足くらい持ってる?」「オススメ漫画は?」「実際、モテる?」などの質問に本音で答えている。

 同号にはそのほか、高橋愛、中島早貴(℃-ute)、家入レオ、森絵梨佳、鈴木えみ、唐田えりか、佐野玲於&白濱亜嵐(GENERATIONS)、ジュノ(2PM)、野村周平、賀来賢人などが登場している。

 なお、同誌はインスタグラムと連動したキャンペーンを実施。同誌のアカウント“@mini_tkj”をフォローし、付録の「ビームス特製 ヴィンテージミッキー 5点セット」を使っている写真をタグ付けしてアップすると、抽選で6名にビームスボーイのアイテムがプレゼントされる。



関連写真

  • 『mini』8月号で初めて同誌のカバーを飾った佐藤栞里(宝島社)
  • ボーダーのシンプルワンピを着こなす佐藤栞里(宝島社)
  • 『mini』8月号(宝島社)表紙画像

オリコントピックス