• ホーム
  • 芸能
  • 古舘伊知郎、『すべらない話』初参戦 「この番組で結果出す」

古舘伊知郎、『すべらない話』初参戦 「この番組で結果出す」

 フリーアナウンサーの古舘伊知郎(61)が、7月9日に放送されるフジテレビ系土曜プレミアム『人志松本のすべらない話』(後9:00)に初出演することが30日、わかった。放送30回となる節目に、アナウンサー、キャスターを経験した“プロのしゃべり手”として、話芸の猛者たちに挑む。

【写真】その他の写真を見る


 古舘は今年3月にテレビ朝日系『報道ステーション』キャスターを降板後、今月1日に都内で行われたシークレットライブ『微妙な果実〜トーキングフルーツ』で活動を再開。フジテレビの番組に出演するのは、お笑いコンビ・とんねるずの石橋貴明と出演した『第4学区スポーツ』(2000年12月放送)以来16年ぶりとなる。

 今回の出演オファーについて「大好きな番組で、まさか自分がその中に入っていけるなんて思ってもいなかったので、“やったー!”という感じです」と喜び、「これまでの報道番組では、裏を取れないと“しゃべれない話”ばかりだったのが、突然“すべらない話”ですから、まさに小躍りです」と興奮を抑えきれない様子。

 アナウンサー、キャスター経験者の出演は同番組初となるが「これから収録になりますが、緊張感を持ち始めています。笑いを取りにいこうとする自分がいるんじゃないかとも思っているので、それは絶対に控えて自然体で臨みたいです」と自身の立ち位置を冷静に分析。「どうしても“司会病”というものがありますので、突如、司会を始めないように自制したいです(笑)」と語った。

 活動復帰を果たし「少しでも世の中や人に貢献したいという時に、自由なしゃべりで楽しんでもらえたならば、こんなにうれしいことはない」と今後を展望する古舘。視聴者に向けて「サイコロに細工をしてでも出番を増やして、出演者の中で一番年上ですが、大人げない態度を取りたいと思っています」と決意表明し、「この番組で結果を出して、フジテレビのレギュラー番組を獲得したいと強く願っています」とさらなる野望を掲げた。

 今回はそのほか、千原ジュニア宮川大輔河本準一次長課長)、ケンドーコバヤシ星田英利兵動大樹矢野・兵動)、小籔千豊宮迫博之雨上がり決死隊)といった同番組歴戦の強者たちが集結。初参戦の古舘を迎え撃つ。



関連写真

  • 『人志松本のすべらない話』に参戦する古舘伊知郎(C)フジテレビ
  • 前回大会の模様(左から)千原ジュニア、松本人志(C)フジテレビ
  • 前回大会の模様

オリコントピックス