• ホーム
  • 芸能
  • 劇団ひとりがバラエティー番組の裏側を暴露!中居正広「ほんとお前ひどかったよ」

劇団ひとりがバラエティー番組の裏側を暴露!中居正広「ほんとお前ひどかったよ」

 28日放送の『中居正広のミになる図書館』(テレビ朝日系)で、劇団ひとりがバラエティー制作に付き物の“事前アンケート”について本音をぶっちゃけた。

 この日は、番組のファンであるというミュージカル女優・新妻聖子が初登場。彼女の事前アンケートが細かい字で丁寧な回答だったと明かされると、「嬉しいですよ、番組にとっては」と、中居も感心した様子。

 ところが中居は、「僕も台本と見比べながら資料を拝見することもあるんですが、昔、『ザ!仰天ニュース』(日本テレビ系)に劇団ひとりが来たときは、ほとんど空欄でした」と、まさかの暴露。「申し訳ありません……」と謝るひとりに、中居が「ほんとお前ひどかったよ。“特にありません”“見当たりません”もなく、なんっにも書いてない。びっくりした。あのときはどういうつもりで?」と追及すると、ひとりは「あれはほんとにね、あの……何だろ、めんどくさい!」と正直に告白してしまった。

 続けて「だいたいね、『仰天〜』のアンケートほど無意味なものはないんですよ! 全然その通りに進行しないですから。僕も初めて出たときはみっちり書いたんです。でも全然振ってくれないの!」と叫んだひとり。番組による違いにも言及し、「『踊る!さんま御殿』(日本テレビ系)は3つアンケートがあって、採用されると多いときは2つ、これは必ず振られるから、もうアンケートが本番ってくらいちゃんと書きます」と説明。中居に「『仰天〜』はどうなの?」と再び振られると、「もういいよこんなもん!白紙のまま送り返せ!!」と絶叫しながら再現して笑わせた。
(文/坂戸希和美)



オリコントピックス