• ホーム
  • 芸能
  • 鈴木保奈美、18年ぶり連ドラ主演「突き詰めると具合が悪くなりそう」

鈴木保奈美、18年ぶり連ドラ主演「突き詰めると具合が悪くなりそう」

 女優の鈴木保奈美が8月13日よりスタートする東海テレビ・フジテレビ系連続ドラマ『ノンママ白書』(毎週土曜 後11:40※全7回)で1998年の『ニュースの女』(フジ)以来18年ぶりに連ドラ主演を果たすことがわかった。鈴木演じるバツイチ・子無し・独身女性管理職のヒロイン・土井玲子が恋に仕事に奮闘する物語を描く。

【写真】その他の写真を見る


 東京の中堅広告代理店に務める玲子は男女雇用機会均等法が施行された1989年に入社し、男性社会の中で必死に泳いできた。徐々に仕事で認められはじめたものの、世論や国は少子化ストップを掲げるようになり、「女性は、仕事もしながら子どもを産み育てなさい」という“ワーママ(ワーキングママ)”風潮に。子を産まないと選択し肩身の狭い思いをしながら、社会でもがくアラフィフ“ノンママ”を鈴木が熱演する。

 久々の連ドラ主演に鈴木は「突き詰めると具合が悪くなりそうなので、あまり考えないようしています」と心境を吐露しつつ、「私が演じる土井玲子は不器用だけれど、真面目で仕事を愛し、人の悪口を言わない女性。そんな土井を私自身、徐々に好きになっているところです」と共感している。

 また、玲子の友人で未婚“ノンママ”の大野愛美に菊池桃子、同じく友人で既婚“ノンママ”の葉山佳代子に渡辺真起子、玲子の部下で敵か味方か、イマドキ男子・小中荘太に濱田崇裕(ジャニーズWEST)、玲子の部下で新米“ワーママ”の野村佳奈に内山理名、そして玲子の同期でバツイチ、玲子とは過去に恋愛関係にあったものの今は仕事仲間に収まっている本城司に高橋克典が起用された。



関連写真

  • 東海テレビ・フジテレビ系ドラマ『ノンママ白書』でヒロイン・土井玲子役を務める鈴木保奈美
  • 東海テレビ・フジテレビ系ドラマ『ノンママ白書』で大野愛美役を務める菊池桃子
  • 東海テレビ・フジテレビ系ドラマ『ノンママ白書』で葉山佳代子役を務める渡辺真起子
  • 東海テレビ・フジテレビ系ドラマ『ノンママ白書』で野村佳奈役を務める内山理名
  • 東海テレビ・フジテレビ系ドラマ『ノンママ白書』で本城司役を務める高橋克典

オリコントピックス