• ホーム
  • 映画
  • 20年ぶり『インデペンデンス・デイ』 監督&キャストがスカイツリーの夜景に感激

20年ぶり『インデペンデンス・デイ』 監督&キャストがスカイツリーの夜景に感激

 1996年に公開された映画『インデペンデンス・デイ』の20年ぶりの新作『インデペンデンス・デイ:リサージェンス』のメガホンをとったローランド・エメリッヒ監督、前作に続いて出演するジェフ・ゴールドブラム、新たに参加するリアム・ヘムズワースマイカ・モンローが29日、東京・墨田区の東京スカイツリー展望デッキ フロア350で来日会見を行った。

【写真】その他の写真を見る


 最新作は、人類が恐るべき侵略者を撃退し、宇宙における独立を高らかに宣言した記念日から20年が経過し、女性大統領も誕生したアメリカ合衆国が舞台。エイリアンの宇宙船が、合衆国全土を覆うサイズへと巨大化。全世界を破壊し尽くしていき、わずか3日間という人類滅亡のカウントダウンが刻まれる中、エイリアンの真の目的が明らかになる。

 作品のテーマにちなみ、日本の建築物で一番の高さを誇り、最も宇宙に近い場所である同所での会見が実現。過去にハリウッド映画の記者会見を東京スカイツリーで行った前例はなく、史上初の試みとなったが、エメリッヒ監督は地上350メートルからの夜景を目の当たりすると「とにかく東京の街は、すばらしくて大好きです(映画)『ブレードランナー』の世界ですね」と声を弾ませた。

 主役に抜てきされたリアムは「エメリッヒ監督の大ファンだったので、すごくうれしくて興奮しています。(前作に出演していた)ジェフとの共演は期待以上に楽しくて、本当に完璧な俳優であることがわかった。そんな彼とも、今では友だちと呼べるよう(な関係に)なりました。きょうも、とても楽しい時間を過ごしています」と笑顔をみせていた。

 同作は、7月9日より公開される。



関連写真

  • 映画『インデペンデンス・デイ:リサージェンス』来日記者会見(左から)ローランド・エメリッヒ監督、リアム・ヘムズワース、ジェフ・ゴールドブラム、マイカ・モンロー (C)ORICON NewS inc.
  • ローランド・エメリッヒ監督 (C)ORICON NewS inc.
  • マイカ・モンロー (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『インデペンデンス・デイ:リサージェンス』来日記者会見を行ったジェフ・ゴールドブラム (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『インデペンデンス・デイ:リサージェンス』来日記者会見を行ったリアム・ヘムズワース (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス