• ホーム
  • 芸能
  • “何かの1位”にこだわった新しいお笑い番組『ネタフェス』誕生

“何かの1位”にこだわった新しいお笑い番組『ネタフェス』誕生

 新しいお笑い番組『ネタフェス』(8月14日 後6:57)がABC・テレビ朝日系で放送される。漫才、コント、漫談、一発ギャグ、リズム芸など、お笑いのジャンルを問わず、何よりも“ナンバー1”であることにこだわり、あらゆるテーマ・観点のランキングをもとに「1位に選ばれた芸人」だけを集めて、ネタを披露してもらう。MCは東野幸治が務める。

 ナンバー1を選出するテーマは、お笑いの“いま”が感じられるもの。「今までに笑った漫才ネタ」や「年間ライブ本数ナンバー1」の芸人にライブで一番人気のネタ。「小学生に聞いた、今学校でマネされまくっているネタ1位」、「女子高生の人気1位」、「東大生が面白いと感心するネタ1位」。「各お笑い事務所の1位芸人のネタ」を比較したり、「放送作家が選ぶ、今年再評価されそうな芸人1位」にスポットをあてるなど、さまざまな切り口で独自調査を行い、お笑いのさらなる魅力に迫る。

 「Yahoo!ニュース意識調査」ともコラボレーションし、「M-1グランプリの歴代王者で、あなたが選ぶベスト漫才コンビは?」「2016年上半期・最もブレイクしたお笑い芸人は誰?」「M−1史上最強のツッコミは?」といった項目で順次アンケートを実施する。視聴者がキャスティングボードを握る新たな試みとして注目を集めそうだ。

 また、かつて大ブレイクを果たした芸人たちが、一世を風靡したネタを披露するコーナー「懐かしのヒットギャグメドレー!」も予定されている。大西ライオン小梅太夫ジョイマンダンディ坂野天津木村ですよ。、永井佑一朗、波田陽区、ムーディー勝山、ゆってぃレギュラー(50音順)らが出演。その当時の“ナンバー1”であったネタは、いま観ても面白いのか。



オリコントピックス