• ホーム
  • 映画
  • 『高台家の人々』原作漫画を忠実に再現した実写シーン

『高台家の人々』原作漫画を忠実に再現した実写シーン

 森本梢子氏の漫画原作、綾瀬はるか主演の映画『高台家の人々』(公開中)、さらに高台家のママとパパの30年前の物語を描いたオリジナルドラマが配信サービス「dTV」で配信中だ。「原作に忠実」「安心して見ていられるキャスト陣」と評価が高い両作。再現度の高い実写シーンをdTVドラマ版から厳選。該当する原作漫画の1コマ画像と比較してみた。

【写真】その他の写真を見る


 映画には綾瀬のほか、斎藤工間宮祥太朗水原希子らが出演しており、SNS上では同じキャストで連続ドラマ化を希望する声も散見されるほど。dTVドラマでは、映画で大地真央が演じるママ・由布子の若い頃を小松菜奈市村正親が演じるパパ・茂正Jr.(通称マサオ)は間宮が1人2役を務めている。

 映画もdTVドラマも、『謎解きはディナーのあとで』などを手がけた土方政人監督が手がけており、ドラマでは大地と小松、市村と間宮がそれぞれシンクロして同一人物に見えてくるような演出、映画完成後に撮影に入った小松と間宮の熱演も、再現度という点でよい影響をもたらしている。

 映画は、妄想が趣味のOL・木絵(綾瀬)の勤務先に名家・高台家の長男・光正(斎藤)が転勤してくる。光正は人の心を読むテレパシー能力を備えており、馬鹿馬鹿しくも楽しい妄想をする木絵の純粋な心にひかれ、ふたりは付き合うことに。順調な関係を続ける木絵と光正だったが、結婚を願う木絵の前に「高台家」の存在が大きく立ちはだかる。

 dTVドラマでは、高台家の母・由布子と、父・茂正Jr.(通称マサオ)の恋愛ストーリー。 映画の舞台からさかのぼること30年。素直な性格で思ったことをすぐ口にする由布子と、大学で“王子様”と人気を博す美男子だが空気が読めないマサオのなれそめから結ばれるまでが明らかになる。



関連写真

  • 原作漫画を忠実再現したdTVオリジナルドラマ『高台家の人々』シーン(C)2016 森本梢子/集英社・映画「高台家の人々」製作委員会・BeeTV
  • 高台家の母・由布子の若い頃を小松菜奈、父・茂正Jr.(通称マサオ)は間宮祥太朗が演じた(C)2016 森本梢子/集英社・映画「高台家の人々」製作委員会・BeeTV
  • 原作漫画を忠実再現したdTVオリジナルドラマ『高台家の人々』シーン(C)2016 森本梢子/集英社・映画「高台家の人々」製作委員会・BeeTV
  • 原作漫画を忠実再現したdTVオリジナルドラマ『高台家の人々』シーン(C)2016 森本梢子/集英社・映画「高台家の人々」製作委員会・BeeTV
  • 原作漫画を忠実再現したdTVオリジナルドラマ『高台家の人々』シーン(C)2016 森本梢子/集英社・映画「高台家の人々」製作委員会・BeeTV
  • 原作漫画を忠実再現したdTVオリジナルドラマ『高台家の人々』シーン(C)2016 森本梢子/集英社・映画「高台家の人々」製作委員会・BeeTV

オリコントピックス